価値創造の知・第60夜 現状を革新する「7つの力」@新価値創造研究所

2017年9月16日 「100年時代の人生戦略」に適応する

日本では「100年時代の人生戦略:LIFE SHIFT」がベストセラーになり、安倍政権は「人づくり革命」を掲げ、メディアもそれらを取り上げることが非常に多くなりましたね。

人生が100年時代となり、それに並行して、「AIoT」「シェアリング」が進展すれば、多くの企業や自治体が今までのやり方から変革を余儀なくされますね。
「人・会社・地域・国」は、過去の延長上ではない『主体性・独自性・実行性』が強く求められます。

 そのため、個人・教育・会社・行政は、上記に適応して、現状を大革新していく必要がありますね。

新価値創造研究所は、そのための『7つの力』を図解とともに整理しました。
いま、行き詰っている会社や地域は、それらに照らし合わせていったい何が不足しているのを確認してみてください。
先ずは、「7つの力」をそれぞれ具体的に記入して『見える化』することをお薦めします。多くは、図の「3.本質創造力、4.仕組構想力」が欠けていて、その為に変われないことが大きな要因です。

そこが超えられれば、「5.伝える力、6.巻き込む力」の輪郭が見えてきます。
最後は、「7.やり抜く力」があるかどうかです。それは、「1.自分事力:危機意識・当事者意識」に戻ってきます。

もう少し、具体的に説明します。
多業界・多業態のご支援からの実感ですが、現状突破するには、「三段ロケット」が必要というイメージです。先ず、内側(INNER)の点火です。ここに強い想い・エネルギー(危機意識・志)がないと飛び立ちません。ここが第1段目です。そのための情報共有が不可欠です。

第2段ロケットは、縁側(INTERFACE)です。ここが、内側と外側をつなぐ『肝』です。水先案内人を私たちが務めます。「次の柱・次の本流」の構想がここで創られます。

第3段ロケットは、外側(OUTER)です。「想い・構想」を顧客・関係者・社会に上手に伝えることが肝要です。新しい取り組みですから、プレゼンテーション能力・コラボレーション能力が求められます。でも、大丈夫。第2段ロケットで十分仕込んできましたから。そして、実践ご支援します。あとは、「やり抜く」のみ。

顔晴って頑張っていきましょう。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ

170913成功7つの力プラス