橋本元司の「価値創造の知・第194夜」:「芭蕉の知:パイオニア社の再生・再興」⑤

2018年12月11日 パイオニア社のリオリエンテーションの道筋

「パイオニア、香港・投資ファンドの完全子会社化へ」

という前職・パイオニア社のとっても残念なニュースが 先週12月7日に飛び込んできました。

本年5月中旬の第147夜に、
『真の企業再生・創生』とは? 「①リストラではなく、リ・オリエンテーション」
というテーマで、パイオニア社のことに触れました。
---------
・・・
経営は、縦の事業部に権限委譲していますが、経営の真の力は、将来ビジョンをイメージメントして、外部とそれらを横串して新文化を創る「プロデュース能力」です。
それを行うには、「深い知・高い知・広い知」を伴った企業の“ミッション・ビジョン・イノベーション”の明確化が絶対必要なのです。

そう、新しい経営陣には、「①リストラクチャリング」に安易に走るのではなく、“ミッション(錨)・ビジョン(北極星)・イノベーション(羅針盤)”と、真の企業再生・創生「③リオリエンテーション」が求められます。
真正面から取り組んでほしいですね。
・・・
---------

「次の一手」「次の柱」の用意と卒意はできたのでしょうか?

同時に、「真の企業再生のための3つの切り口」についても触れました。
-----------
「行き詰まりの打破や、新たな成長を目指して、企業再生に取り組む切り口は3つあります。
①リストラクチャリング
「構造」の見直しを意味しますが、企業を縦串で見た時に必要のない部門を削除するものです。
②リエンジニアリング
「機能」の見直しを意味しますが、企業を横串で見た時に必要のない仕事を削除するものです。
③リオリエンテーション
「進むべき方向」の抜本的見直しを意味します。
-----------

多くの会社が①②でお茶を濁していますが、上記①②は誰にも判りやすい「オペレーション」です。
12月7日の同日に、ニッサンのゴーンさんもニュースになっていましたが、ゴーンさんの得意なことも①②です。それも行き詰まりを見せましたね。
現在の多くの会社が①②が得意だった経営者の方達です。
ところが現在は、時代の変化・進化(第109夜、第169夜参照)の踊り場で、①②だけでは対応できなくなっていますね。
そのことは、経営者の方達はもう十分に承知しています。

今は、「③リオリエンテーション」の時代の踊り場であり、そのベースは、常識を逸脱しながら顧客満足価値を創造する「イノベーション」を開拓するパイオニアカンパニーが活躍する時代です。

さて、連載してきた『芭蕉』はその様な「踊り場」を生きて「俳句界」を開拓した、まさしくパイオニアでした。
この開拓で重要な視点は、芭蕉が生きた時代(1600年代後半)の背景をセットで視る必要があります。
そう、芭蕉が生きた時代と現在の状況には踊り場としての共通点がいくつかあるので、芭蕉がどの様な舞台でイノベーション(革新)をしたのか、を自分ゴトとして置き換えることで、今の経営に役立てていただければ幸甚です。

それでは、100分de名著:おくの細道 松尾芭蕉(長谷川櫂)から加筆引用します。
---------
江戸幕府がもたらした太平の時代の前には応仁の乱(1467~77)から130年以上続いた戦乱の時代がありました。
戦乱は今日の都を発火点にして日本全土に広がりました。この戦乱が日本の社会や文化に与えた影響は想像を絶するものがあります。
日本の歴史を眺めると、この戦乱の時代を境にして、それ以前の日本と以降の日本はまるで別の国であるようにみえます。
いいかえると、応仁の乱が巻き起こした戦火の中でそれまでの古い日本はいったん滅んでしまった。そして、戦火の中から新しい日本が生まれたということです。
このとき誕生した新しい日本が修正を加えられながらも現在まで続いているのですが、この新しい日本の最初の大詩人が芭蕉だった。

さらに踏み込んでみると、130年も続いた戦乱の時代に都だけでなく地方の都市も戦火で焼け、荒れ果てました。これによって貴族や大名や自社が保管していた多くの古典文学の文献が消失したり散逸したりしてなくなってしまいました。いつの時代でも戦乱は文化の破壊をもたらします。
その後の1600年前半に、本阿弥光悦・俵宗達・北村季吟等の日本の古典復興(ルネッサンス)がありました。芭蕉が生きた1600年代後半は、それらの古典復興を創作に生かした時代だった。
つまり、芭蕉は絶好の時代を生きたことになります。芭蕉が日本最大の詩人とされる背景には、こうした時代の力が働いています。
・・・
---------

さて、「蕉風開眼の句」と呼ばれる古池の句以前の俳句はどのようなものだったのでしょうか?
俳諧の本来の意味は「滑稽」や「戯れ」といった意味でした。それは、連歌を面白おかしく、親しみやすくしたものです。
それを簡潔に表わすと、古池の句以前のそれはずっと「言葉遊び(滑稽や戯れ)」の俳句でした。
それは「駄洒落」のようなものだったのです。

古池や蛙飛こむ水の音

はるか古代から日本文学の主流は和歌でした。その和歌は発生以来、一貫して心の世界を詠んできました
人の心を詠み続けてきた和歌に対して。言葉遊びの俳句が低級な文芸とあなどられていたのは当然です。
そうしたなかで芭蕉が古池の句を詠んで俳句でも人の心が詠めることを証明したのです。

そこに、「現実(実)と心の世界(虚)という次元の異なる合わさった『現実+心』の句」を開拓しました。

芭蕉の革新ポイントは、
・新しい舞台をつくる
・土俵を変える、逸脱する
・新しい目的をつくる
ことにあります。

上記については、次夜に、第177夜「老子の道(タオ)」と関連付けて綴ります。

さてさて、ここからパイオニア社が、「どの様な新しい道を開拓するのか」が肝要です。
ヒントや構想は、幾つかありますが、先ず二つアップします。

1.価値創造の将来は、「中心にはなく、周縁に」あります。
→「オーディオの未来は?」を参照ください(2017年5月14日 オーディオの定義を革新する)

2.「顧客に囲まれる」には?
「顧客に囲まれる時代」(第20夜、第72夜、第108夜)の新しい交差、新文化を創り、そのエコシステム(生態系)を創造する

ことにあります。
それは、「ハードウェア」だけではできません。

それができれば、仕上げの「第3ステップのイノベーション・レボリューション」に進むことができます。

やはり、それらはこれまでの①②「オペレーション」ではできません。
③「リオリエンテーション」から、開拓(パイオニア)しましょう。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
芭蕉パイオニア

橋本元司の「価値創造の知・第192夜」:「芭蕉の知:『不易流行』」③

2018年12月5日 風雅の誠

五木寛之さんが、「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」のゲストの回でした。

そこでは、めまぐるしく変化していく時代のなかで、

・「変わる世の中、変わらぬ本質」
・「私たちも何を変えて、何を変えずに走るべきか(生きるのか)」

が大きなテーマの一つとなっていました。
この取組みは、永遠のテーマですね。

それは、まさしく『不易流行』です。
全ては「無常迅速」ですから、それは、人生、事業創生、地域創生、教育、政策等々にあてはまります。

それでは、日本俳句研究会から引用します。
---------
不易流行とは俳聖・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の中で見出した蕉風俳諧の理念の一つです。
芭蕉の俳論をまとめた書物『去来抄』では、不易流行について、以下のように書かれています。

「不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」(去来抄)

・・・
不易流行の『不易』とは、時を越えて不変の真理をさし、『流行』とは時代や環境の変化によって革新されていく法則のことです。
・・・
---------

・『不易』とは、時が流れても変わらない
・『流行』とは、時の流れとともに変わる

前職・パイオニア社で、「ヒット商品緊急開発プロジェクト」を立ち上げ、次々に「ヒット商品」を連発しました。
その多くは、その時代のツールで、現在リリースしても「ヒット商品」には届きません。
今でも初期iPodやガラケー携帯を記念として持っていますが、それらは、ツールが進化して売れませんね。

五木寛之さんは、それを
「時代とともに時代と寝る。時代のバックグラウンドの上で物語をすすめる。
それは、二度と帰ってこない。・・・」
と語っていました。

ポイントは、不易を分母として、流行が分子という構造があるかどうかです。
本質的な分母(不易)があれば、時代に適合した分子(商品・サービス)を生み出すことができます。
それは、「価値創造の知・第一法則」(第21夜、第85夜、第161夜)に記しています。
重要なのはインビジブルな本質・価値・意味を把えらえているかどうかにあります。
なので、今でも「ヒット商品」を創出する自信があります。

五木寛之さんは、日本が大事にするもの(不易)というテーマで、

「和を持って貴しとなす」
が変わらぬ本質であるとも語っていました。

さて、再び日本俳句研究会からの引用です。
---------
・・・
不易と流行とは、一見、矛盾しているように感じますが、これらは根本において結びついているものであると言います。

『蕉門に、千歳不易(せんざいふえき)の句、一時流行の句といふあり。
是を二つに分けて教え給へる、其の元は一つなり』(去来抄)

去来抄の中にある向井去来の言葉です。
『千年変らない句と、一時流行の句というのがある。
師匠である芭蕉はこれを二つに分けて教えたが、その根本は一つである』
という意味です。

難しい内容ですが、服部土芳は「三冊子」の中で、その根本とは、「風雅の誠」であり、風雅の誠を追究する精神が、不易と流行の底に無ければならないと語っています。

『師の風雅に万代不易あり。一時の変化あり。
この二つ究(きはま)り、其の本は一つなり。
その一つといふは、風雅の誠なり』(三冊子)

俳句が時代に沿って変化していくのは自然の理だけれども、その根本に風雅の誠が無ければ、それは軽薄な表面的な変化になるだけで、良い俳句とはならない、ということです。
(風雅とは蕉門俳諧で、美の本質をさします)
・・・
---------

蕉門俳諧の分母、根本は、『風雅の誠』にあるですね。

その本質があることで、
「卑俗ではなく、趣を介した自由な精神・芸術」
として受け継がれているのではないかと洞察しています。
会社や地域の再興、隆盛で必要なのは、「手段」ではない「本質・不易・目的」を明確化・共有化しているかどうかにあります。
それを持って、「時代とともに時代と寝る(五木寛之)」(=流行)のです。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
芭蕉不易流行

橋本元司の「価値創造の知・第191夜」:「芭蕉の知:『虚に居て実にあそぶ』」②

2018年12月4日 芭蕉とAR・VR・AIの新結合

少し前に添付の様に、芭蕉の句で有名な山寺を訪ねました。
大仏殿のある奥の院まで1,015段ある石階段。「一段一段踏みしめていくごとに一つずつ煩悩が消え悪縁を払うことが出来る」と云われるその石階段を何とか上りきりました。

「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」

その「閑かさ」、「岩にしみ入る蝉の声」と頂上の景観を感じるためでした。
そこでは、世阿弥の世界にAR(オーグメンテッドリアリティ)、VR、AIがよぎったことが不思議でした。

さて、前夜に、古池の句は現実の音(蛙飛びこむ水の音)をきっかけにして心の世界が(古池)が開けたという句である、という蕉風の世界をご紹介しました。
ここにも「現実(実)と心の世界(虚)という次元の異なる合わさった『現実+心』の句である」ということが展開されていることがわかります。

ここで水先案内として、松岡正剛師匠の千夜千冊・991夜「松尾芭蕉 おくのほそ道」に幾つか引用します。
(対象の「全体と本質」を把むには、別格のナビゲーションに触れることがたいへん役立ちます)
---------
・・・ところで最初に言っておいたほうがいいだろうから言っておくが、芭蕉は天才ではない。名人である。そういう比較をしていいのなら、其角のほうが天才だった。才気も走っていた。
芭蕉は才気の人ではない。編集文化の超名人なのである。其角はそういう名人には一度もなりえなかった。
このことは芭蕉の推敲のプロセスにすべてあらわれている。芭蕉はつねに句を動かしていた。一語千転させていた。それも何日にも何カ月にもおよぶことがあった。
そういう芭蕉の推敲の妙についてはおいおい了解してもらえるはずのことだろう。
・・・
---------

そう、「編集文化の超名人である」ことを認識することで「芭蕉の知」のイメージが立体になっていきます。
続いて、991夜に記されている推敲の一部をご紹介します。

-----------
・・・
(初)山寺や 石(いわ)にしみつく 蝉の聲
(後A)さびしさや 岩にしみ込む 蝉のこゑ
(後B)淋しさの 岩にしみ込む せみの聲
(成)閑さや岩にしみ入る蝉の聲
(初)五月雨を 集て涼し 最上川
(成)五月雨をあつめて早し最上川
(初)涼しさや 海に入れたる 最上川
(後)涼しさを 海に入れたり 最上川
(成)暑き日を海に入れたり最上川
(初)象潟の 雨や西施が ねぶの花
(成)象潟や雨に西施がねぶの花

どれを例にしても驚くばかりの「有為転変」である。とくに立石寺で詠んだことになっている「閑さや岩にしみ入る蝉の聲」は、初案の「山寺や石にしみつく蝉の聲」とは雲泥の差になっている。
なかんずく「しみつく」「しみこむ」「しみいる」の3段に変えたギアチェンジは絶妙だった。「しみつく」では色彩の付着が残る。「しみこむ」は蝉に意志が出て困る。それが「しみいる」になって、ついに「閑かさ」との対比が無限に浸透していくことになった。こんな推敲は、芭蕉一人が可能にしたものだ。とうてい誰も手が出まい。

われわれにとって多少とも手が出そうな芭蕉編集術の真骨頂は、おそらく、「涼しさや海に入れたる最上川」が、「暑き日を海に入れたり最上川」となった例だろう。
なにしろ「涼しさ」が、一転して反対のイメージをもつ「夏の日」になったのだ。そして、そのほうが音が立ち、しかも涼しくなったのである。
享保に出た支考の『俳諧十論』に、芭蕉の「耳もて俳諧を聞くべからず」という戒めをめぐった文章がある。連句の付合(つけあい)の心得をのべているくだりだが、実はこの言葉は「閑さや岩にしみ入る蝉の聲」にも、あてはまる。蝉の声は耳で聞いているのだが、それを捨てていく。そうすると、「目をもて俳諧を見るべし」というところへふいに出ていける。
これは「涼しさ」が涼しい音をもっているにもかかわらず、あえて「夏の日」という目による暑さが加わって、それが最上川にどっと涼しく落ちていくことにあらわれた。

「物によりて思ふ心をあかす」

・・・
----------

「上記の様に伝えてもらう」と、自分の様な凡人にもビシビシ「伝わります」ね。
そのことは、第60夜「価値創造イニシアティブ:現状を革新する7つの力」の5番目に記しています。

それが、「伝える力・伝わる力」(価値創造の知・第69~70夜)です。引用します。
---------
・・・
「伝えた」ことが「伝わる」に変換されるには、そこに化学反応が起きて、何らかの化合物ができるようなものです。

「伝える」⇒共感・共鳴⇒「伝わる」⇒変わる・行動する(変化・行動)
ここにおいて、「新しい関係が構築される」のが「伝わる」ということです。
「伝える」⇒わかる⇒「伝わる」⇒かわる
という方程式です。

私が前職でプロデュースした、連続「異業種コラボ・ヒット商品」がこの図式です。(第14夜)

「伝える」というのは、送り手の情報を受け手が「知った」という状態。「伝わる」というのは、送り手の情報が受け手に響き、共感・共鳴して変わり行動すること。つまり、第8夜『「わかる」ことは「かわる」こと』で記した状態です。

つまり、『新しい関係性が構築されたコト』を意味します。
・・・
---------

推敲で記されている芭蕉の「耳もて俳諧を聞くべからず」「目をもて俳諧を見るべし」
というポリシー・スタイルが凄いというか凄まじいですね。

自分は、前職パイオニア社で、「サウンドスケープ(音風景)」をプロデュースしていました。
風景は目で見るものですが、「耳で風景を観る」という共感覚(第3夜:負・マイナスの美学)を文化にしたい、世間に広めたかったのです。
それは「逆転の見方」であり、「負(余白)の美学」でした。自分(橋本)の理解では、これと同じ日本の方法が枯山水であり、俳句であり、長谷川等伯の「松林図屏風」でした。

「俳句から、現実(実)と心の世界(虚)を負(マイナスの美学)に仕立てていく」

芭蕉からのいい学びがありました。

『虚に居て実にあそぶ』

そこには、負(マイナスの美学)と、AR・VR・AIとの融合、新結合、新文化が浮かんだのでした。

それをアナロジーとして、新価値創造へフィードフォワード(活用・応用・展開)しようと想っています。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
芭蕉山寺

橋本元司の「価値創造の知・第190夜」:「芭蕉の知:蕉風開眼の句」①

橋本元司の「価値創造の知・第190夜」:「芭蕉の知:蕉風開眼の句」①

一か月ほど前、仙台方面に「知の旅」に出遊しました。
その松岡正剛師匠主宰「未詳俱楽部」の二日目に、芭蕉が辿った塩釜から舟で日本三景松島に着いたルートを愛でました。

芭蕉が「おくのほそ道」に記すことはありませんでしたが、芭蕉の句に

「島々や千々に砕きて夏の海」

という松島を詠んだものがあります。
東日本大震災のことが頭をかすめながら、それが重なりました。

さて、これまで幾つかの芭蕉のご縁がありました。
ここで、本夜から「芭蕉の知」を綴ろうと思います。

「松尾芭蕉」については、「価値創造の知・第34夜、第175夜」にも記してきましたが、先ず、自分の「芭蕉への見方」を大きく変えた放送からご紹介します。

それは、NHK「100分de名著 松尾芭蕉」の第1回目で、俳人の「長谷川櫂」さんの解説でした。それを加筆引用します。
---------

古池や蛙飛こむ水の音

この句はふつう「古池に蛙が飛び込んで水の音がした」と解釈されますが、ほんとうはそういう意味の句ではありません。

古池の誕生のいきさつを門弟の支考が「葛(くず)の松原」に書き残しています。
それによると本来この句は上中下が一度に出来たのではなく中下が先に出来たと言うのである。

つまり先に「蛙飛びこむ水の音」ができ、さあ、上の五文字を何としたらよいかと暫し思案があって、その場に居た弟子の其角が「山吹や」としたらどうですか、というのを芭蕉は敢えて「古池や」と書いたとか。
この句の完成が、芭風開眼と言って芭蕉が旧風を脱して自らの句風に目覚めた瞬間だと言います。

つまり、古池の句は現実の音(蛙飛びこむ水の音)をきっかけにして心の世界が(古池)が開けたという句なのです。
つまり、現実と心の世界という次元の異なる合わさった『現実+心』の句であるということになります。
この異次元のものが一句に同居していることが、芭蕉の句に躍動感をもたらすことになります。

それは、それまでの言葉遊びにすぎなかった、貞門俳諧や談林俳諧の停滞を脱して、心の世界を打ち開いた句であった。
それまでだったら、蛙は鳴くものであり、取り合わせは古池ではなく山吹だった。
現に芭蕉が「蛙飛こむ水の音」という中七下五を得たとき、傍らにいた其角は「山吹をかぶせたらどうか」と意見を言って芭蕉に却下される。
山吹といふ五文字は風流にしてはなやかなれど、古池といふ五文字は質素にして実(じつ)也。実は古今の貫道なれば、と。
「虚に居て実にあそぶ」が芭蕉の風雅だ。
俳諧が古代から心の文学であった和歌に肩を並べた、俳句という文学にとっての大事件だったと、長谷川は書いています。

心の世界を開くことによって主題を変遷させ、音域を広げ、調べを深めていく。
そして数年後、芭蕉は「古池や」の流れに繋がる句を作りたくて「みちのく」を旅する。即ち「奥の細道」である。
・・・
---------

上記は、第33夜、第40夜に綴った禅の思想であり、価値創造の柱である「二つでありながら一つ」そのものです。
『現実+心』が「二つでありながら一つ」であること。
それが、『蕉風開眼の句』となりました。

それを理解すると、「奥の細道」の芭蕉の句が生き生きとして見えてきました。
それは、ちょうど『枯山水』の世界とダブっています。

受け手側が主人公となって『余白』を任せられるのですね。

違う視点からは、「俳句」も「枯山水」も引いて引いて立ち現れる世界でもありました。
それは、「価値創造の知・第一法則」であります。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
芭蕉

橋本元司の「価値創造の知・第189夜」:「世阿弥の知:男(おどき)・女時(めどき)」➉

2018年11月30日 人生に無駄はない

『風姿花伝』に、世阿弥の造語の「男時(おどき)・女時(めどき)」があります。

「男時は流れに勢いがあるとき、女時は流れが停滞するとき」と読めます。
前職・パイオニア社を卒業し、新価値創造研究所を立ち上げて活動している今、改めて人生を振り返ると、
自分の『人生』では、正(プラス)に満ちて勢いがある時と負(マイナス)で凹んでいる時が交互にやってきました。
そして、正(プラス)が大きい時は、負(マイナス)が大きいことも経験しました。

そして、それは「自分ひとり」だけのことではなくて、多くの人の「人生の法則」のように感じています。

第157夜~第166夜に連続して取り上げた『スティーブジョブズ』もそうでした。
アップルのスティーブジョブズは、創業者でありながら会社を追い出されました。
アップル退職後、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。また、自ら創立したNeXT Computerで、NeXTワークステーション (NeXTcube, NeXTstation) とオペレーティングシステム (OS) NEXTSTEPを開発した。
1996年、業績不振に陥っていたアップル社にNeXTを売却すると同時に復帰、その後はiPod・iPhone・iPadといった一連の製品群を軸に、アップル社の業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。
世界のライフスタイルを変えた「イノベーションの神様」です。

彼は、「男時」、「女時」を繰り返しました。
重要なことは、会社から追い出され、つらく凹んでいた「女時」に何をするかです。
この「女時」に次の「男時」に向かって着々と用意・準備を進めていました。
それは「弓道」で云えば、弓矢を目一杯後方に引いた状態です。そのエネルギーが大きければ大きいほど「的」に向かって強く早く向かっていきます。

そう把えると、「男時・女時」は、第179夜に綴った「老子の知・陰陽論」と基本は同じだということに気づきます。
---------
世の中に誕生したものはすべて「陰」と「陽」という矛盾した二つの要素を内包している。それを「どちらを取るか」という二者択一の発想ではなく、
こころを空っぽにして「陰陽両方を取る」という心持で、没頭没我の状態で物事に取組むことが大事である。そうすれば矛盾を乗り越えることができる。
(古代中国で生まれた自然哲学の基礎概念に「陰陽論」というものがあります。万物には、「陰」と「陽」という背反する二つの側面が必ず存在しているという考え方です。
陰陽論では、内へ内へと入ってくる受動的な性質を「陰」、外へ外へと拡大していく動きを「陽」とします。
世の中に「存在しているもの」あるいは「起こっている現象」というのは、すべて陰陽後半双方の性質を持っており、当然よい面もあれば、悪い面もあり、よい時期があれば、悪い時期もある。そうした構造になっているのです。
これが陰陽論の基本的な考え方です)
・・・
---------

「当然よい面もあれば、悪い面もあり、よい時期があれば、悪い時期もある」

世の中は、そうした構造になっているのですね。

自分ゴトで云えば、

男時:カーエレクトロニクス設計、技術企画
女時:カーエレ情報企画、開発企画
男時:ヒット商品緊急開発プロジェクト、新事業創造室、総合研究所
女時:部門解散、「次の柱」事業創出プロジェクト、「次の人財」創出プロジェクト
男時:新価値創造研究所

男時の2006年総合研究所時代には、「パイオニア社の10年後」をプロジェクトでまとめました。
そこでは、
①社運を賭けた「大画面TV事業」には未来がないこと(第184夜)
②リソースを活かした、10年後の4つの将来像(シナリオプランニング&ビデオ)
③その時のHMI(GUI・AUI・TUI)
特許を含むプレゼンテーションをしました。

それは、10年後の2017年に全て現実のものとなりました。

しかし、社内の力学で部門は解散させられました。社内左遷です。2006年末に、「女時」に入ったのです。
その時に、多くの人たちの支援で、
・「シナリオプランニング」::社内事業部の10年後の将来、そして、社外事業及び社外研究所支援
・「次の柱」事業創出プロジェクト(3年間)
・「次の人財」創出プロジェクト:社内外の創造型人財の創出(800人受講)
を経ることで、早期の卒業につながりました。

その女時に、自分流の「秘すれば花」を創出したのでした。

そこから、「男時」となる新価値創造研究所に向かいました。
この2006年末からの「女時」がなければ、きっと今の自分はありません。
勿論、このような「価値創造の知」連載もきっとありませんでした。

「人生に無駄はありません」

それが、今の自分の実感です。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
男時女時

橋本元司の「価値創造の知・第188夜」:「世阿弥の知・離見の見」⑨

2018年11月29日 「我見」と「離見」

100分de名著「世阿弥」の第3回目の放送のテーマは、「離見の見」でした。
その中で、土屋惠一郎さんは次の様に解説していました。

ーーーーーーーーー
・・・
世阿弥は「離見の見(りけんのけん)」ということを言っています。<見所(観客席)から見る自分の姿を常に意識せよ>という意味です。
ポイントは「目前心後もくぜんしんご)」にあると土屋は指摘します。<目は前を見ているが、心は後ろにおいて置け>ということです。

自分は前に出て行くのだけれど、客席との間にはある関係の力が働いていて、自分が後ろに引っ張られたり、離れたりする。
そういうすべての関係の中で自分がそこに立っていると意識しなさいということです。そういう意味では、「自分のリズムだけでやるな」ということにもつながるかもしれません。
見所同心(けんしょどうしん)、客席と一体になるように考えてやらなければいけない。自分だけで勝手に盛り上がってもだめだということです。
・・・
--------

「離見の見」で自分が思うは、「我見(がけん)」と「離見(りけん)」です。
私たちは、ついつい「自己中心」でモノ・コト・ヒトを観てしまうのです。それが「我見(がけん)」です。
どこかに、こうなって欲しい、こうあって欲しいという「我欲」「願望」が混じります。

これは、研究所やビジネスの「場」でもよく見られます。
研究所の場合は、研究の「シーズ(種)」ばかりをみて、固執して、顧客・市場の「ニーズ・ウオンツ」とのマッチングに届かないことで溢れています。
なかなか「離見(りけん)」ができないのですね。
そのようなことがあって、本社から総合研究所に請われて異動しました。(第147夜)
研究テーマが日の目をみないで、「死の谷」を渡れないことの大きな理由が「顧客価値創造」ができていないことにあります。
顧客(客席)と一体になるように考えてやらなければいけない。

どうしたら、「顧客価値創造」に届くのかを、この「価値創造の知」で連載してきました。

それは、研究所だけではなく、「既存事業」「新事業」でも同様です。
自分だけで勝手に盛り上がってもだめだ。
顧客の価値観が変わる中で、自分達が変わらないことは右肩下がりや倒産を意味します。
「価値のイノベーション」「意味のイノベーション」(第130夜)に綴りました。

----------
「EU」はクリエイティブ産業の育成に予算を注ぎ込んだ時代があります。しかしながら、あまり芳しい結果をもたらすことができませんでした。
他方、生産性の向上をどう図るかは、長い間の懸念でもありました。しかし、中堅以下の企業にとって生産性の向上は、実践と効果を考慮すると無理難題が多いと考えられます。
そこで、EUのイノベーション政策立案者が考えた選択肢は二つです。
①テクノロジー開発の背中を押すか
②市場に“新しい意味”をもたらす土俵をつくるか
テクノロジーの推進をやめたわけではありません。しかし、それと同時に“新しい意味”を創る中小企業を増やすことが欧州にイノベーションを起こし、長期的な資産を築き上げることに貢献すると考えたようです。

技術が「どうやって?」を求めるのに対して、“新しい意味”は「なぜ?」を追求します。
(これは、第84~86夜「meaning-深い知」、第118夜「核心・確信・革新が道筋」と同じことを云っています)
つまり、「意味のイノベーション」です。
・・・
--------

それは、「離見の見」のアナロジーでありアプローチにいい事例です。

さて、「新価値創造イニシアティブ」(第77夜)には、「離見の見」に繋がるコトを綴っています。
・「価値を伝える力&価値が伝わる力」(第69夜、第70夜)
・「巻き込む力&巻き込まれる力」(第71夜、第72夜)

「価値を伝える力」「巻き込む力」が注目されますが、それはどちらかというと「我見」です。
「価値が伝わる力」「巻き込まれる力」がなければ前進できません。これが「離見」です。

この両方が「二つでありながら一つ」(第33夜、第82夜)で市場創造にリーチできます。。

ビジネスの話をしましたが、人生も同様ですね。
第186夜の「間(ま)」でも記しましたが、人と人との「間」、関係で人生は成立しています。
「空間」「時間」「人間(じんかん)」を「離見」で観ることで人生は、深く・高く・広くなります。

見所(観客席)から見る自分の姿を常に意識せよ。
「我見」ではなく、「離見」で観た時に初めて、本当の自分の姿を見極めることができる。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ

離見の見.jpg

橋本元司の「価値創造の知・第187夜」:「世阿弥の知・初心不可忘」⑧

2018年11月28日 老後初心不可忘

能を大成させた世阿弥の書「花鏡」の結びとして、「初心忘るべからず」があります。

當流に、萬能一徳の一句あり。
初心不可忘。
此句、三ケ條口傳在。
(しかれば当流に万能一徳の一句あり。 初心忘るべからず。この句、三ヶ条の口伝あり)

是非初心不可忘。(是非とも初心忘るべからず)
時々初心不可忘。(時々の初心忘るべからず)
老後初心不可忘。(老後の初心忘るべからず)

世阿弥は、「芸」の向上をはかるものさしとしてこの初心を忘れてはいけない、と記していると想いますが、
いろいろな人達が、さまざまな解釈をされています。
上記の三ヶ条を皆さんの人生にあてはめてみることで、生きた活用ができるのではないでしょうか。

自分の解釈としては、
「目の前に現れる限界や壁をどう乗り越えるのか」その為の「自分の志・情熱」が『初心』だと想うのです。

自分自身の会社人生で云えば、
①新入社員時の「非常識や限界の壁」
②時々に立ち向かう「非常識や限界の壁」
③退職後に立ち現れる「非常識や限界の壁」

「限界」「常識」と思われているものを「超えて」いく。
それが、『イノベーション』であり、『価値創造』です。
二つ目の「時々初心不可忘」の考え方や実践の失敗・成功をこの「価値創造の知」シリーズでは多くを綴ってきました。

100分de名著「世阿弥」の放送の中で、土屋惠一郎さんは次の様に語っています。
--------
・・・ これから超高齢化社会になっていく日本において、「老いてのちの初心」という世阿弥の言葉は非常に重要な意味を持ってくるでしょう。
寿命が延び、体力的にも元気なお年寄りが増えている。そういった人たちが、どう老いてのちの花を咲かせるのか。そこに、世阿弥の言葉が突き付けていることがあります。
若いころの気持ちに戻ったり、若いころと同じことをしようとしたりするのではない。
そうではなく、あくまでも今の自分の限界の中で何をしていったらもっともよいのかを考えることが必要だ、と。
・・・
---------

それは、3つ目の「老後初心不可忘」です。
自分も前職・パイオニア社を早期に卒業して、その真っ最中にいます。

それは、第174夜に綴った、下記「林住(りんじゅう)期」(五木寛之著)と交り合います。
--------
・・・
“古代インドでは、人生を四つの時期に分けて考えたという。
「学生(がくしょう)期」、「家住(かじゅう)期」、そして、「林住(りんじゅう)期」と「遊行(ゆぎょう)期」。
三つ目の「林住期」とは、社会人として務めを終えたあと、すべての人が迎える、もっとも輝かしい「第三の人生」のことである”
・・・
“アスリートにたとえれば、「学生期」に基礎体力をつくり、「家住期」に技術を磨き経験を積む。
そして試合にのぞむ。その本番こそが「林住期」だ。人生のやり直しでも、生活革命でも、再出発でもない。生まれてこのかた、ずっとそのために助走してきたのである。”
・・・
---------

私たちは、リタイアするのではなく、リボーンするのです。
そのための世阿弥の云う『花』を咲かせるための社会の「知」と「仕組み」が不足していますね。

嘆いていても門は開かないので、ご一緒に「リオリエンテーション」(第45夜:自らハシゴを創る)して『初心』を実践しましょう。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ

初心不可忘

橋本元司の「価値創造の知・第186夜」:「世阿弥の知・間(ま)と間(あいだ)」⑦

2018年11月27日 間(ま)と価値創造

「間(ま)」については、第17夜(「間(ま)」と「創造」)、第18夜(「間(ま)」から「ご縁」へ)に綴りましたが、本シリーズで世阿弥に触れていると、更に、絶妙な「間(ま)」というものを次々に感じとることができました。

それは、第180夜の松岡正剛師匠主宰「未詳倶楽部」における大倉 正之助(おおくら しょうのすけ)さんとの出会いから始まりました。
その「複式夢幻能」を観ていても、there(彼岸)とhere(此岸)の能舞台の空間(しつらい)の「間」があり、時を超えた情念、さしかかりの時間の「間」があり、そこでの人との関わり、交わりという人間(じんかん)の「間」があります。

みなさん、普段何気に使っている「打合わせ」という言葉の語源をご存知でしょうか。それも「未詳倶楽部」で学びました。
「打合わせ」とは、囃子方がセッション形式で練習することを言います。能楽の楽器は、笛以外、小鼓や大鼓、太鼓が中心です。互いの音を響かせ、間(ま)を確認し合うこと、それが「打合わせ」です。
世阿弥は舞台に臨む能の声について、「一調・二機・三声」と言いました。能の役者というもの、最初にこれから発する声の高さや張りや緩急を、心と体のなかで整え、次にそのような声を出す「機」や「間」を鋭くつかまえて、そして声を出しなさい。そう、指南しました。

いったい、「間(ま)」とは、何でしょうか?

参考に、日本大百科全書(ニッポニカ)の解説から引用します。
---------
日本人には間という微妙な意識がある。名人といわれる落語家の語り口は間のうまさが絶妙だし、剣道では間のとり方が勝敗を決する。日常的にもぼんやりして「間が抜ける」と、約束に「間に合わず」、「間の悪い」思いをする、といったように、間ということばの用法は広い。
このような間の意識には、間取りとか隙間(すきま)といった「空間意識の間」と、太鼓の間とか、間を外すといった「時間意識の間」とがある。
まず時間意識の間からみると、リズムとかタイミングともいいかえられるが、日本の間と西洋のリズムの間にはかなり差がある。江戸時代の『南方録(なんぽうろく)』という本は「音楽の拍子でも、合うのはよいが拍子に当たるのは下手だ。雅楽には峯すりの足というのがあって、拍子を打つ瞬間の峯に舞の足の峯が当たらずに、ほんのわずかずらすのが秘伝だ」と述べている。
機械的な正確さで拍子と足が当たるのではなく、間に短があってその微妙なずれが雅楽をよりおもしろく見せるという。

どうやら日本の間にはリズムやタイミングのずれを喜ぶ不規則性が加味されている。しかもたいせつな点は、西洋のリズムは音や動作を伴う拍子そのものが耳に響くが、日本の間は拍子と拍子のあいだの空白を意識する違いがある。
この空白はからっぽの空ではなく、次の拍子への緊張感を充実させた空である。つまり微妙に伸縮する時間の空白が間であり、それは空間意識の間に通じる。
千利休(せんのりきゅう)は絵画のなかに描き残された空白の部分にわびの美があるといった。絵画や文学の余白、余情という無規定、空白の間に美を認める考えは、日本の建築にも表れる。西洋の大建築では、完全な、しかもバランスのとれた設計図があって細部まで決定されて工事が始まる。
しかし日本の代表的建築である桂(かつら)離宮をみると、初めの計画にはなかった2回の増築によって建物はアンバランスに発展し、現在の姿が完成した。初めから増築の余地が予定されていて、余白(間)に新しい意匠を加えて全体が完成される。日本人の空間意識の間には、余白という無規定性あるいは非相称性が含まれる。
では、どこから日本人の間の発想が生じたのか。間の意識の根底には、日本人が自分と他人との関係を非常に重視する思想があるだろう。本来は人々の世界という意味の人間(じんかん)を日本人は人間(にんげん)という意味に転換させたが、それも、人と人との間柄のなかに人は存在しているという意識の表れだった。
相手と自分の微妙な間柄を表現する謙譲語や敬語が異常に発達したのも日本語の特徴である。あるいは世の中を意味する世間ということばを、自己と世の中の間の社会関係として世間体などと使うのも、他者の目をつねに意識する日本人の社会心理である。
このような相手と自分の間柄(間合い)を重視する土着的な日本人の意識が、人間関係の微妙さを表現するさまざまの文化を生み、空間や時間の間に、西洋にはない不規則性や無規定性などの微妙な変化を鑑賞する日本の伝統文化を創造したとみることができよう。
[熊倉功夫]
---------

・大事なことは何かと何かの「間(あいだ)」にある

それは、次の様に言い換えることができます。

・「価値」は何かと何かの「間(あいだ)」にある(生まれる)

さて、上記では、空間・時間・人間(じんかん)の「間(ま)」と「間(あいだ)」について記しましたが、
第2夜の「おもてなし」では、
①しつらい=ハードウェア
②ふるまい=ソフトウェア(メニュー・プログラム等)
③心づかい=ハートウェア(ヒューマンウェア)
の3つでできていることをお伝えしました。
①②③のそれぞれと、それらの間(あいだ)をまたぐところに『価値』が生まれます。

自分が、ヒット商品、シナリオ、事業創造、会社ご支援時に、とっても大事にしてきた本来と将来の方法です。

さて、「デジタル時代の教養」からの松岡正剛師匠の対談を加筆引用します。
---------
・・・
今なぜ、「またぐ」ことが重要なのでしょうか。
学びの基本は、そうした間を「またぐ」ことにあります。そこから、知るべきことや教養が生まれるんです。例えば、政治と音楽です。まったく関係がなさそうに思えますが、またぐことで見えてくるものがあります。
すべての枠が取り払われ、あるいは垣根がなくなり、知が流動化、液状化しているからです。職能も知の一つですが、たとえば花屋さんを考えてみてください。今の花屋さんは単に花を売るだけではなく、ギフト屋でもあり、ライフコーディネーターでもある。そうなると、花の知識が豊富なだけではやっていけません。知のありようが変わると、職能も変化するわけです。
・・・
---------

「間(ま)」とは、日本人の「空間・時間・人間(じんかん)」のモノ・コト・ヒトの関係性の美意識である、と洞察できます。
それを、いかに上手に①学び接するか、②自分ゴトにするのか、③新しく創るのか、が求められますね。

それが、「価値創造」です。

そのエッセンスが、「世阿弥・風姿花伝」にはいっぱい詰まっています。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
間と間

橋本元司の「価値創造の知・第185夜」:「世阿弥の知・新結合」⑥

2018年11月22日 世阿弥と新結合

現在私たちが能を見て、「これが能らしさだ」と思っている部分の殆どは、実は世阿弥や世阿弥の父・観阿弥がさまざまな芸能の領域から取り入れたものです。
例えば、観阿弥は、歌と舞を併せ持つ曲舞芸という芸能を猿楽に取り入れました。曲舞芸は白拍子の芸とも言われ、これによって、物語の中で役者が謡いながら拍子を取って舞う、ということができるようになりました。
世阿弥は近江猿楽から天女舞というものを導入しました。これは、仏教の阿弥陀来迎図などにある、空を舞う天女のような優雅な舞です。天女舞の導入により、幽玄で美しい舞の要素が加わりました。
このように同時代にあり、人々に好まれていたさまざまな芸能の領域を磁場のように引き寄せ、それらをコーディネーションして、能という一つの枠の中に、今日に続く芸術をつくりあげたのです。(100分De名著:土屋惠一郎引用)

前職・パイオニア社のヒット商品緊急開発プロジェクトで、自分がプロデュースした連続・異業種コラボレーション(第14夜)も同様の方法です。
それは、第32夜にアップしたシュンペーターの云う「新結合」です。
(イノベーションの元祖であるジョセフ・シュンペーターは、イノベーションを「新結合」と呼んで、次のように云っています。
イノベーションとは、『①「モノやコト」が新しく結びつき、②それが新しい価値として社会的に受け入れられて、経済が発展している状態(ing)のコト』➡ 新結合 = New Combination
「アイデアのつくり方」(ジェームス・W・ヤング)は、『アイデアとは既存の要素の新しい組合せ以外の何ものでもない』(第31夜)と記しています)

第183夜の世阿弥の「却来(きゃくらい)の思想」も同様です。
目利かずを惹きつけてこそ、名手であろう。それなら下手な芸(非風)も稽古する必要があるのだろうか。いや、そうではあるまい。世阿弥は「是風」が非風を抱きこむべきだと考えたのである。それをずばり、「却来」(きゃくらい)といった。
「是風」と「非風」を方法で新結合しています。

第182夜の世阿弥の「複式夢幻能」も同様です。
前半と後半で、生者と死者の情念、夢、想いが交じり合う『場(舞台)』『物語』です。
そこでは、負を背負った「幽玄(there・死者)」が「陰」で、「花(here・生者)」が「陽」です。
「there(彼岸)」と「here(此岸)」を新結合しています。「お盆」も同じですね。

第181夜には、「花」について記しましたが、
「花と、面白きと、めづらしきと、これ三つは同じ心なり」
・秘すれば花(価値)
・珍しきが花(価値)
・新しきが花(価値)
上記の秘伝は、「イノベーティング」と「マーケティング」が新結合しています。

このように、世阿弥の「風姿花伝」には、『新結合の心構えと方法』の秘伝が満載です。

21世紀は『価値のイノベーション』(第111夜、第130夜)の時代です。
『世阿弥』を若い多くの方達に伝えていきたいと思います。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
新結合

橋本元司の「価値創造の知・第184夜」:「世阿弥の知・安住しない」⑤

2018年11月22日 住する所なき

・住する所なきを、まづ花と知るべし。(『風姿花伝』第7 別紙口伝)

「住」とは「安住」のことです。
今の会社の状況や自分の立場や、役割に「安住」して、努力をしないのは、美しくない。常に不安定な立場に自分を置き、精進することこそ美しいという意味。

会社の中では、過去の成功体験に安住してしまい、現状の安定を望み現状維持に保身する上位者がいます。
現状維持ということは、右肩下がりに向かっているということです。
次のステップに挑戦する時に、そのような人達が反対することやわざと足を引っ張ることが往々にしてあります。
会社が傾いている時でさえも・・・。

前職・パイオニア社で、「ヒット商品緊急開発プロジェクト(1995年~)」(第14夜)や「次の柱・事業創出プロジェクト(2006年、2010年)」等で、プロジェクトリーダーをした時には、上位者からのバッシングがありました。詳細は、第128夜に記しています。
それは、異業種コラボレーション(第23夜)、ダイレクト・モデル事業、顧客に囲まれる事業(第20夜)、10年後のパイオニアの将来シナリオ(第15夜)の様に、時代の変化を先取りした戦略企画の提案時に現れます。
問題は、従来の事業では活躍できたのに、進化したビジネスモデルではそれが望めない人達です。それは、「イノベーションのジレンマ」にも記されています。

そして、それはパイオニア社だけではなく、多くの会社に見られることです。ご支援している会社にも初期にはおられます。

今の地位に安住して、次のステップ、次の一手がわからない、判断できない、それを望まない経営陣により、大きな損失・損害を被るのはいったい誰でしょうか?
それは、若い社員の皆さんやご家族です。

---------
・・・
世阿弥は、今までやってきてうまくいったのだから、これ以上のことはやる必要はない。同じことをやっていればいい、という心こそが駄目だと言っているのです。
これまでは良いことだったとしても、それに安住することで、それが悪いことに変わってしまうことがあるからです。
その成功体験に安住して次の一手を打ち損じ、結局、他社にどんどん追い抜かれてしまう。一度成功したのだから、同じことを繰り返していけば大丈夫だと思うことが、まさに命とりになるわけです。
・・・(土屋惠一郎)
---------

これを打破しようと、自分と仲間たちが、次の時代の商品・サービスや新事業を提案しました。
それは、従来になかったモノゴトですから、成功するかどうかの証明・確約はできません。
でも、自分たちの中では、「成功する姿」がありありとが観えていたのです。

---------
・・・
うまくやってきた上司というものは、自分の成功体験をコピーしていればよいという意識にどうしてもなりますから、組織にとっては下手をすると有害な存在になります。
むしろその成功体験を否定して、「いや違う方法がある」という人が出てこなかったら、その組織は結局うまくいかないでしょう。
新たな方法というものは、それまでの成功を否定するものであるかもしれない。でもそれを認めなかったら、組織の成長は止まるのです。
それをどうしても認めない人が伝統的な価値観を主張する場合は、安定や和を保ちたいというより、今までの枠の中の既得権益を守りたいだけかもしれません。
・・・・(土屋惠一郎)
---------

これは多くの会社の深刻な問題です。
自分はまさにその渦中にいた提案側の当事者だったのでよくわかります。

さて、提案してもわかる上位者とわからない上位者がっいます。
ある時、先輩から云われました。

「ハシモト、○○さんを説得するのは無理だ。納得してもらえばいいのだよ」
首を縦に振ってもらえばOKということ。

そうして、納得して貰って成功したプロジェクトがあります。
勿論、納得して貰えずに、残念ながらオシャカになったプロジェクトもあります。

それは、「未常識」(第29夜)と、「イメージメント」(第7夜:イメージメントとマネジメント)の問題でもあります。
「イメージメント」能力に気づき、高めていただくために、この連載を綴っている側面があります。

「日々、更新すること」(第8夜)が求められますね。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
安住しない