マーケティング&戦略制定実践セミナー(@東大)

2019商道・商術」と不易流行

 
中国のIT企業の30名強の方達に、首記セミナーのオブザーバーとして参加しました。
 
メインテーマは、『マーケティング』
マーケティングも守備範囲と攻撃範囲が広いのですね。
更に、マーケティング2.03.04.0と進化していますので、いったい何を前提にするのかで、人それぞれに解釈が異なります。
 
本来のマーケティングを大きく二つに分けてお伝えすると、
① 商道
② 商術
となります。
 
①の商道とは、「理念(天の理を念じた)・目的・使命」を持った商いの道理です。
②の商術とは、狭義のマーケティング、広義のマーケティング、マーケティング2.0N.0等といわれる手段ものです。
 
巷のセミナーは、「②商術」のマーケティングが殆どなのですが、今回のセミナーでは、「①商道」を松下幸之助とパナソニック社を実例として説明されました。
 
ここで、関連して「価値創造の知・第34夜:不易流行(ふえきりゅうこう)」を引用します、
 
・「不易(変わらぬもの)と流行(変わるもの)」
 
不易流行の『不易』とは、時を越えて不変の真理をさし、『流行』とは時代や環境の変化によって革新されていく法則のことです。
上記と関連付けると、
 
・『不易』が「①商道」(下半身)
・『流行』が「②商術」(上半身)
 
となります。
その双方を「二つでありながら一つ」(価値創造の知・第82夜 ビジネスで最も大切なコト)でビジネスを実践することが重要なのです。
 
さて、日本のビジネスマンはますます短期の視点が多くなり、時代の波に流され、飲み込まれやすい傾向にあります。
そのような意味でも、これからの「デジタルトランスメーション(DX):デジタルによる事業構造などの変革」の時代には、下半身である足腰のしっかりした「①商道」が肝要な視点となります。
 
さてさて、セミナーの後半は理念(行き先)から戦略制定実践セミナー」(行き先)という流れでしたが、前半・後半と、濃厚な2時間を受講生はみな熱心に聴かれていました。
それから、真剣な質問が飛び交いました。
さて、ここで蒔いた種が、将来の社会の役にたつようになることを期待しています。
 
本当は、日本の多くのビジネスマンにもっとお伝えしたいのですが・・・。
0

橋本元司の「価値創造の知・第202夜」:「理解の秘密:ニッポンのジレンマ元日SP」⑦

2019年1月9日 コスパの先にある幸せ

2019年元日の「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」をご覧になりましたか。
それは、東日本の震災の翌年の元日から始まった新世代討論です。

「価値観の大いなる転換期に、若者はどこに希望を見出すのか?」

1975年以降生まれ以外「立ち入り禁止」の新鮮なスタジオで、新世代がジレンマを解いていく番組なのです、毎回関心を持って視聴しています。

本夜は、この放送と関連付けて、これまで6回続けて記してきた「インストラクション」の使い方を綴ろうと想っています。

今回の「ニッポンのジレンマ」メインテーマは、図にある様に、「“コスパ社会”を越えて@渋谷」
---------
平成とは「コスパ=万能物差し」時代だった?

何につけてもコスパは大事、その気分はわかります。
でも「コストパフォーマンス至上主義」となると、
なんだか世知辛い気がしませんか?

その差は一体どこにある?

コスパでは測れない価値とは?
コスパを越える物差しとは?
そして、コスパのさきに幸せはあるのか?
---------

あなたであれば、このテーマにどの様に向き合い議論を組立てますか?そして、進めますか?

上記のジレンマを持った「コスパの先の幸せ」に向かうには、やはり「革新」が必要となります。
「革新の7つの力」は、第59夜~第74夜に亘って綴ってきましたが、その構図・体系は第60夜にまとめています。
その7つ力と流れを引用します。

1.自分を変える:危機意識・情熱力
2.他者を愛する:幸せ想像力
3.余白をつくる:本質創造力
4.舞台をつくる:仕組構想力
5.関係をつくる:伝える力・伝わる力
6.信頼をつくる:巻き込む力・巻き込まれる力
7.成功をつかむ:すぐやる力・やり抜く力

さて、自分であれば、「コスパ(コストパフォーマンス)」は手段であるので、『大目的』は何なのかを共通認識してから議論することをお薦めします。

・そもそも、それは何のために?なぜ?

それは、上記「革新の7つの力」の『2.他者を愛する:幸せ想像力』のステージにつながります。
「手段」の奥や先にある「将来の幸せ」について議論することが重要です。それは、「事業」や「教育」の分母になります。
ただし、理想ばかり話しても先には進めません。

ジレンマがあるということは『壁』を越えるビッグチャンスだという認識と道筋が必要です。
それには、本質を把えて、今の常識という分母『再定義』することで次の道を拓くことができます。。
それを、第105夜では、「事業創生・地域創生」の為には、『本分』という「分母」を明確にすることとして綴っています。
更に、その事例については、第106~107夜に『本分(分母)』の再定義実例を掲載していますので関心のあるかたはご覧ください。

目的や再定義に議論が向かないと、手段である「コスパ」の問題ばかりが議論されて枝葉(えだは)の方に意識が飛んで時間の多くが取られてしまいます。それは、とっても勿体(第50夜、第103夜)ないことです。
それは、上記「革新の7つの力」の「1.自分を変える:危機意識・情熱力」ですませておきたいところです。

重要なステージは、「3.余白をつくる:本質創造力」、「4.舞台をつくる:仕組構想力」に控えています。
その論議の時間が多く露出・放映されるともっと「実りのある議論」になること請け合いです。

放送の中で、
・目的を明確にする
・再定義
・時間軸
・聴く力

という言葉が、そこに集った論客(パネラー)から紹介されたので期待と希望が持てました。

さてさて、やはり、送り手と受け手の「インストラクション」のリテラシーを大幅にアップさせることが、より良い未来を創っていくことに繋がります。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
理解ジレンマ

橋本元司の「価値創造の知・第201夜」:「理解の秘密:一流のインストラクター」⑥

2018年1月8日 一流のインストラクター:師匠

私たちの生活や仕事は「コミュニケーション」で成り立っています。
そのコミュニケーションを推進する役目を担っているのが、「インストラクション」です。

その「インストラクションの構造」については、第197夜に図解しました。
インストラクションの送り手も受け手も、そのを構成要素を知っておくことで、送り手として自分のインストラクションを評価し、受け手としてそれを修正するための手がかりとなります。自分にとって欠けている部分、間違っている部分が分かってきますね。

それでは、スポーツクラブにおける自分の「インストラクションの経験」を記します。
もう50年くらい前、自分が中学に進み、新人勧誘の部活動選択で色々な部の練習を見に行ったときのことです。
体育館に行くと、バドミントン部顧問の先生の俊敏で流れるような身体の動きと、シャトルコックを自在に操る技と風姿に釘付けになりました。
後で聴くと、国体で3位の若い先生だったのです。

そして、それが担任の先生だったことも驚きでした。早速、バドミントン部に入門しました。
我流のウェスタングリップをイースタングリップに直し、一流の先生の指南・指導を受けることで、メキメキ腕を上げました。
ただ、目前の先生の「型」や「動き」を真似るだけでよいのです。中学3年では、東京都大会でベスト4になりました。

その様な「師匠」がいることは、たいへんラッキーなことでした。
「師」のテクニックと心得を真似て、一流を自分自身に取り入れることができます。
さて、高校受験の最終面接の先生が「バドミントン部」顧問の方でした。これも『ご縁』ですね。

高校一年から、東京都の一部リーグに出させてもらって、団体で2位の貢献をしました。
前職パイオニア社では、社会人リーグに参戦して楽しみました。
それもこれも「バドミントンの師匠」に出逢えたからです。

「守破離」でいえば、
守:中学
破:高校、大学
離:社会人
と成長していくことができました。

やはり、「守」(第197夜:図解の分母)で「一流の型」を身につけることが重要なのです。
それから、自分の得意技を磨き上げる。

さてさて、その「バドミントンの師匠」は理科の先生でもありました。
その教え方の絶妙で、自分は「理科」という学科に開花して、理工系につながる道筋が出来上がりました。

ここにも「理解の秘密」が息づいています。

さて、冒頭に戻ると、
私たちの生活や仕事は「コミュニケーション」で成り立っています。
そのコミュニケーションを推進する役目を担っているのが、「インストラクション」です。

一流のインストラクションが「豊穣の人生」に繋がってきます。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
img_3490