橋本元司の「価値創造の知・第219夜」:「ICHIRO: ファンの存在」③

2019年3月26日 ファン(FUN)がファン(FAN)になる

首記に「ファンの存在」と記していますが、「ファン(FAN)はファン(FUN)を通して、ファン(FAN)になってゆきます」
それは、「第108夜:ファン(嬉しい・楽しい)がファン(愛好者・熱狂者)を生む」に記しています。『良い目的』(第28夜、第107夜)を明確にしておくことが重要です。

ビジネスや地域創生に置き換えると、「ファン(FAN)」は「顧客」にあたります。
前夜・前々夜に引き続いて、イチロー選手の引退会見から、「価値創造」に密接に繋がる珠玉を綴ります。

----------

Q. ファンの存在はイチロー選手にとっていかがでしたか?

A. ゲーム後にあんなことが起こるとは想像してなかったけど、実際にそれが起きて。普段はなかなか日本のファンの方の熱量を感じることは難しい。

久しぶりに東京ドームに来て、ゲームは基本的には静かに進んでいくんだけれど、日本の人は表現するのが苦手だと思っていたけど、それが完全に覆った。

内側に持っている想いが確実にそこにあるということ。それを表現したときの迫力はこれまで想像できなかったものです。

あるときまでは自分のためにプレーすることがチームの為になるし、見てくれる人も喜んでくれるかなと思っていたけれど、
ニューヨークに行った後からは、「人に喜んでもらえることが一番の喜び」に変わってきた。

『ファンの存在無くしては自分のエネルギーは全く生まれない』と言ってもいいと思う。—

---------
前職・パイオニア社の「ヒット商品プロジェクト」のステージで、「ファン(FAN)とファン(FUN)」を意識することで、今までになかった「自分の内側からのエネルギー」が湧いてくることを実感してきました。

そのことと、ICHIROさんの云う
・「人に喜んでもらえることが一番の喜び」
・『ファンの存在無くしては自分のエネルギーは全く生まれない』
とは同じことと洞察しています。

その様に、「宇宙のルール」はできているのだと思います。

喜び・嬉しい・楽しいのFANが減少すると、愛好者・熱狂者のFUNが減少します。
そこに対応・適応できないと倒産(第13夜、第172夜)に繋がります。

同時に、自分の中に「喜び・嬉しい・楽しい」がないと長続きしないのですね。
それは、前夜の『できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思うなら挑戦すればいい』にも密接な関係があります。
下記、「少年へのメッセージ」もご覧ください。

---------

Q. 少年にメッセージを送ってほしい

A. 野球だけでなくてもいい、自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけてほしい。夢中になれるものが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていくことができる。

それが見つけられないと、壁が出てくると諦めてしまう。色んなことにトライして、自分に向くか向かないかよりも、自分が好きなものにトライしてほしい。—

---------

自分の「喜び・嬉しい・楽しい」と顧客の「喜び・嬉しい・楽しい」が繋がるといいですね。
それが、『事業』です。

そのような実践と体験をしてきました。
ただ、「諸行無常」という宇宙のルールがあるので、それは永遠には続きません。

それも、『事業』の宿命です。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
ICIRO03

橋本元司の「価値創造の知・第218夜」:「ICHIRO: やりたいと思うことに挑戦する」②

2019年3月25日 『ミッション』と『ビジョン』の再定義

前夜に引き続いて、イチロー選手の引退会見から、「価値創造」に密接に繋がる珠玉を綴ります。

---------

Q. 夢を叶えて成功して、何を得たと思っていますか?

A. どこからが成功で、どこからがそうじゃないのかは判断できない。

だから「成功という言葉」は僕は嫌いなんですけど、新しい世界に挑戦するということは大変な勇気だと思うんですけど、ここはあえて成功と表現しますが、

成功すると思うからやってみたい、それができないと思うからやらない、という判断基準では後悔を生むだろうと思う。やりたいならやってみればいい。

『できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思うなら挑戦すればいい』

そのときにどんな結果が出ようと後悔はないと思う。自分なりの成功を勝ち取ったところでじゃあ達成感が残るかというと僕には疑問なので、基本的にはやりたいと思ったことに向かっていきたい。

何を得たかというと、「こんなものかなー」という感覚ですかね。
それは「200本」をもっと打ちたかったし、できると思ったし、1年目にチームが116勝して、その次の二年間も93勝して。勝つのは難しいものじゃないなと思ってたけど、大変なことです。

「勝利する」ということは。

この感覚を得たことは大きいかもしれないですね。—

---------

自分ゴトですが、前職・パイオニア社で、本社から総合研究所に異動しました。
下記の変換が大きな課題でした。

①技術オリエンテッドの「研究所」に、『顧客接点』『顧客価値視点』を注入すること
②同研究所に、体系的な『将来構想』を注入し、「次の事業の柱」を確立すること
③「イノベーション&マーケティング」を結合し、「新価値創造」の体質に更新すること
(2000年前後は多くの異業種コラボレーションや社外からの将来シナリオプランニング支援の依頼があり、大手企業の研究所にも伺いましたが、そのような研究所が大半でした)

『できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思うなら挑戦すればいい』

研究所には、それまで成長・成功してきた強みの「技術・技能」があるのですが、それらが、

・成長→成熟→衰退

という『諸行無常』の道を必ず辿ります。

それまでの用途や視点では『強み』でなくなることを意味します。

それは、「イノベーションのジレンマ」です。

問題は、「できること(技術)」と「価値を生み出すこと(顧客価値)」にギャップが生まれることです。

「従来能力で、自分達にできること」ということが『間に合わない』時代に突入しています。

それは、『家電』『自動車』も同じ道を辿っていきます。

そこに必要なのは、『ミッション』と『ビジョン』の再定義です。

「できるコト」からつくる「ビジョン」が時代とマッチングしない、価値レベルが低い事例を多くみてきました。

先ず、「やりたいコト」から「ビジョン」を構想してみましょう。

隆々としたイメージを創るのです。それは、会社も地域も人生も同じです。

すると、「不足」「余白」「負」が観えてきます。

それは、
・第22夜、第207夜:余白、
・第57夜:本来・将来・縁来
・第89夜:本質的な違いを生み出す方法
に記していますので関心のある方はご覧ください。

そこに「挑戦」するのです。

トップに、先ずその『イメージ』と『やり抜く覚悟』がないと実現しません。

想わなければ、動かなければ実現しないのです。

『できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思うなら挑戦すればいい』

これからの時代に上記は、子供から青年、大人、そして壮年の全てに言えるコトと思います。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
ICIRO02

橋本元司の「価値創造の知・第217夜」:「ICHIRO: 積み重ねでしか自分を超えられない」①

2019年3月22日 遠回りすることでしか、本当の自分に出会えない

昨晩にイチロー選手の引退会見があり、最初から最後までその「言葉・言霊」に魅入りました。

本夜から「価値創造」に密接に繋がる珠玉の幾つかを引退会見から綴ります。

---------
Q.日本人としてイチロー選手を誇りに思っている人は多い。生き様で伝わっていたら嬉しいなと思うことはありますか?

A.生き様というのは僕にはよくわからないですけど、生き方という風に考えれば、先ほども話したように、人より頑張ることなんてとてもできない。

「あくまでも秤(はかり)は自分の中にある」

それで自分なりに秤を使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくを繰り返していく。するといつの日か「こんな自分になっているんだ」という状態になって。

少しずつの積み重ねしか、それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。
「一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられない」と僕は考えている。

地道に進むしかない。進むだけではないですね。後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあるが、でも自分がやると決めたことを信じてやっていく。

それが正解とは限らない。間違ったことを続けてしまっていることもある。でもそうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えない。ーーー

---------

『積み重ねでしか自分を超えられない』

これは、スポーツに限らず、「価値創造」や人生すべての道理に想います。
ただ、これを人は地道にできなくて、踏み外したり、諦めたり、楽な方に流れてしまうことが多いのですね。

自分ゴトですが、中学の時に、バドミントン国体3位の先生の指導を受けていましたが、その上で高みを目指すには、練習と実戦の『積み重ね』しかありません。
そうやったある時に、『壁』を超えている自分に気づいて嬉しくなったことを思い出します。

そして、第173夜「マイナスはプラスにするための準備期間」でも野球人「桑田真澄」さんの下記共感の言葉を思いだしました。

『練習したからといってすぐに結果が出るものではない。毎日コツコツ努力していると、人間はある日突然、成長する』
同じことを云っていますね。

さて、第147夜『真の企業再生・創生』(リストラではなく、リ・オリエンテーション)とは?
の中で、

・設計→技術企画→開発企画→ヒット商品→新事業創造→研究所→事業開発

という自分のプロフィールを記しました。

上記の「技術企画」というステージの時に、5年後に新設される「新工場の構想づくり」を統括部長から自分に白羽の矢が立ちました。

「10年後、20年後の未来を想定して検討、構想すること」

と言われ、当時33才の自分には「未来を洞察する」本格的スキルを持てていないことを自覚しました。
そこから、「将来・未来」を体系的・本格的に洞察する「価値創造の旅」が始まりました。

多くの一流の方達との出逢いと自分なりの積み重ねをそれこそ地道に行って、心得と方法を磨き上げました。
何回かの失敗と試行錯誤で、「ヒット商品プロジェクトのリーダーのステージでは、成長し将来洞察と価値創造実践が得意になっている自分」がありました。

その「道」に終わりはなく、油断していると遠のいていくという果てしない道なのですが、上記のイチロー選手の言葉には、それと重なる深みと共感がありました。
そう、今でも『価値創造の積み重ね』を更新しています。

価値創造から、事業創生、地域創生、人財創生へ

ICIRO01.jpg

橋本元司の「価値創造の知・第216夜」:「落合陽一: 無人化・自動化・脱人間化」⑫

2019年3月1日 日本再興!!

「落合陽一さんと価値創造」を11夜に亘り綴ってきましたが、本夜で一区切りにしたいと思います。
きっと、またどこかで綴りたい夜も出てくると思います。

前夜(第215夜)は、産業革命に匹敵するAI・超AIによる「脳業革命」について記しましたが、
それが私たちの社会(Society)に入ることで、産業やライフスタイルにどのような変化があるのでしょうか。
落合陽一さんが語った内容(第211夜)の一部を引用します。

---------

—明治のことを戦中の5年間を基準にして、まずそこの否定しから戦後憲法を作りました。しかし、1880年代から1930年代の日本の近代化ならびに工業成長は著しかった。

そのときには良いことも悪いこともあった。それを検証しないで戦後憲法を作った。そこをどうドラスティックに変え、コンピューター化していくかということだと思います。
—キーワードは無人化と自動化、脱人間化です。人間が人間の世話をするという常識だと思っていることを一旦忘れ、どうやって規格化した人間をなくし、パラメーター化するかということが大事だと思います。

その中でわれわれは人口減少ボーナスを受け取るために、無人化と自動化のあらゆるインフラを整えていかなくてはならないのだと思います。

勘違いしてはいけないのは、無人化自動化した環境やものの形は人の踏襲をする必要がありません。そこは脱人間化していかないと、型にはまった形をとってしまうのではないかと思います。

われわれは今デジタルネイチャー(計算機自然)の揺籃する、コンピューテイショナルダイバーシティ(計算機多様性)の世界に向かっています。

そこでは、われわれは新しい自然観と近代的人間性の超克を行っていくでしょう。

---------

ここに、「脳業時代」を母体とした新産業のキーワードが語られています。

・「無人化と自動化、脱人間化」

否応なく、新産業はこの方向に進んでいくものと洞察します。

ここでは、あらゆる分野で破壊的創造<ディスラプション>が繰り返されます。
もう私たちはそれを目撃し、体感しています。

それをずっと前に実感したのは、駅の「自動改札機」。
日本初の自動改札機は、1967年(昭和42年)に阪急電鉄北千里駅に設置された立石電機(現在のオムロン)製。
これは画期的でした。

オムロン創業者・立石一真氏は、未来社会に素晴らしい視点を持たれ、実行されました。
第109夜に、綴った3C(コンピュータ・コミュニケーション・コントロール)も立石一真氏から多くの刺激を受けました。

日本は自動化と機械化で伸びる産業が得意なのです。否、ここが生命線だと思います。

そして、“これまでのインターネットは統一された「マス」だったのですが、今後、AI/インターネットは個人化していきます”
そこに必要になってくるのは、左脳のComputational Diversity(計算機的多様性)と右脳の「おもてなし」です。
「おもてなし」については、第164夜に綴りましたので引用します。
---------

「おもてなし」とは
A.しつらい=ハードウェア
B.ふるまい=ソフトウェア(メニュー・プログラム等)
C.心づかい=ハートウェア(ヒューマンウェア)
の3つでできています。
それはとっても凄いインパクトのある言葉なのですがそれを洞察できている人は僅かです。
それが、いよいよ2020年から全面的に立ち上がります。

アップルは、「A.ハードウェア*B.ソフトウェア」という「顧客を囲い込む」覇者でしたが、2020年から「ハードウェア*ソフトウェア*ハートウェア」の「顧客に囲まれる“つながりづくり”」三位一体が世界を席巻します。
それが、「主客一体」(第93夜)の世界であり、「リアルな場」と「バーチャルな場」の双方から立ち上がり、それらが融合してゆくことが洞察できます。
いったい誰が覇者になるのでしょうか?
参考に、「おもてなし」時代の「価値共創とクラブ財」については、第97夜に綴っています。

さて、もう25年前になりますが、1993年に前職経営会議で発表した内容を記します。

「農業」⇒「工業」⇒「情業」⇒「脳業」⇒「興業」⇒「浄業」⇒

発表した1993年は、「情業」(高度情報時代)真っ只中であり、その次にくるのは「脳業」(AIoT時代)です。
ぴったし当たってますね。そして、その次は古代ローマ帝国を螺旋展開したした「興業」。それは時間差で併せて到来するのは間違いありません。
スティーブジョブズは、「情業時代」の王者でした。
次の覇者は、「ニッポン」でありたいですね。
---------

「脳業時代」の“Computational Diversity(計算機的多様性)”と「興業時代」の“おもてなし”をシームレスにすること(=新結合)。
そして、第205夜で落合陽一さんが気にしているwabisabi(ワビサビ)等の「日本の方法」(第76夜)を三位一体で組込むことが

「日本再興戦略」
の“ど真ん中”と洞察しています。

共に、「日本再興」に邁進しましょう。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
落合陽一33