橋本元司の「価値創造の知・第118夜」『価値創造とイノベーションのあいだ』⑤核心・確信・革新が道筋

2018年3月15日 「いちばんたいせつなことは、心で見なくてはよく見えない」

前夜(第117夜)は、「メイク・フィロソフィーをつくる」を綴りました。
それは、モノゴトの本質である「核心」を把え、自分がそれを「確信」する。それが、信念・志・エンジンとなり、「革新(イノベーション)」実行に向かいます。

 自分が「前職(パイオニア社)事業の行き詰まり」で悩んだ時は、

①このままの延長では「大変」なことなる
②一体、「何」が問題なのだろうか?
③一体、その「本質」は何なのか?

という順序で考えましたが、だいたい皆さんもこんな感じではないでしょうか?

ただ、③の本質をどのレベルまで掘り進むのか、ということが違いとなって現れます。
ここで前職で鍛えらえた力をお伝えします。

皆さんは、トヨタの「5回のなぜなぜ分析」をご存知でしょうか?
-----------
トラブルに直面したとき、トヨタ社員は「なぜそれが起きたのか」を繰り返し考える。
すぐに思いつく答えを安易に結論とせず、真の原因を探ることが目的だ発生した問題事象の根本原因を探るために、「なぜ?」「なぜ?」とくりかえして掘り下げていく、
「なぜ?」「なぜ?」の問いかけを“5回はくりかえせ”ということで、別名「なぜなぜ5回」とも呼ばれる。
元々、トヨタが発祥の地であり、トヨタ生産方式の普及とともに、他の業界や分野でも使われるようになりました。
-----------

前職では、TOYOTA・HONDAというクルマメーカーさんとB2Bの関係でよく名古屋や宇都宮・狭山に行きました。
この突き詰めるということは、対症療法ではなく、問題・課題の本質を把えるということでたいへん役立ちます。いい経験をさせて貰いました。

「メイク・フィロソフィー」もそのプロセスに近いところがあるのですが、「5回のなぜなぜ分析」は、モノやシステムを取り扱います。
しかし、「改善」ではない『価値創造』の場合は、その本質が目にみえない「核心」「確信」という「ココロの領域」を扱うところが違うところです。
「ココロの領域」には、『禅的思考』(第33夜、第76夜)が有効です。そこにエッセンスを綴っていますので、関心のある方はご覧ください。

事業の目的は『顧客価値の創造』です。
これが原理原則。

星の王子さま サン・テグジュペリの名言に、 「いちばんたいせつなことは、心で見なくてはよく見えない」(第63夜)を記しました。
そう、「価値創造」には、心を見る力を身につける必要があるのです。 「バリューイノベーション・プロジェクト」では、そのスキル習得を「3.本質創造力」(第65夜)で用意しています。

その本質である『核心』が把えられ、腑に落ちれば、『確信』に繋がります。
この『確信』がとっても重要です。だいたい、深堀をしないでそこそこのところで妥協してしまうとうまくいきません。

会社・地域をご支援する中で、メンバー達が、TOPが共感され、『確信』に至れば、目を輝かせて、「次の一手」に踏み出します。
その『確信』には、
①大切なコト(アンカー・錨)の再定義:深い知
②将来の姿(ビジョン):高い知
③革新の道筋(イノベーション):広い知

の3つ全てがイメージできる、揃うことが必要です。

前夜(117夜)に綴った、これまでのコンサルティングは、気づき・起爆剤があっても
その先の上記①②③には手をつけないのです。

上手くいかないコンサルティングは、
「通常のコンサルティングのテンプレートを提示しました。その先は、あなたたちの問題です」
だから、だいたい失敗するのです。

「核心」・「確信」に至れば、「革新(イノベーション)」に繋がります。
それが、新価値創造研究所の「価値創造」ウェイです。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
核心確信革新

橋本元司の「価値創造の知・第117夜」『価値創造とイノベーションのあいだ』④メイク・フィロソフィー

2018年3月13日 メイク・フィロソフィー:「最後の講義『大林宣彦』

NHKドキュメンタリー(3/11)の「最後の講義『大林宣彦』」はご覧になりましたか?
その講義(大隈講堂)を拝聴している若い学生たちの真剣さが伝わってきました。
自分が映画監督・映画作家の大林宣彦さんの大ファンだったこともありますが、心に残る番組でした。

その中心は、「メイク・フィロソフィー(=自分のフィロソフィーをつくる、持つコト)」の重要性です。
「フィロソフィーとは、哲学・哲理、ものの見方、ものの考え方」と理解しています。

さて、「事業創生・地域創生・人財創生」には、この「メイク・フィロソフィー」が不可欠なのです。

・優れた「事業・地域・人財」には、優れたフィロソフィーがある
・優れた「事業・地域・人財」には、中心に「大切にするもの、信念、情熱」がある
・「優れたフィロソフィー」をつくることから、優れた事業・地域が生まれる、創れる

「価値創造」も同様です。それが、サービスや商品からにじみ出てきます。
それを持って、プランから販売、メンテナンスまで一気通貫することが重要です。
新価値創造研究所の価値創造「深い知・高い知・広い知」の「深い知」(第85夜・第86夜、第28夜)がそれに当たります。

さてさて、「最後の講義」のテーマは3つありました。(NHKドキュメンタリーから引用します)
--------------
1.「映画とは“フィロソフィー(哲学)”」
作り手側が“伝えたい哲学”を明快に持って、しっかり表現することが大事であるというお話です。

2.「自分の中の平和孤児」
日本敗戦のとき、大林さんは7歳。敗戦で世の中がひっくり返ってしまい、「平和というものがよく分からなくなった。僕らの世代は平和孤児だ」と、ご自身の経験を踏まえたお話です。

3.「100年後に分かる映画」
大林さんは、ご自身の作る映画のことを“シネマゲルニカ”と呼んでいます。“ゲルニカ”とは、1937年にピカソがスペイン内戦を描いた象徴的表現の絵画です。おばあちゃんの目が真横に並んでいるような描き方です。
大林さんは、「もしあれがリアルに描かれていたらたぶん後世まで残らなかったんじゃないか」「象徴的だからどんな意味があるんだろうと考える」と感じているそうで、だから映画も、「今分かるような映画じゃだめだ。
100年後ぐらいに分かればいいんだ」と思っていらっしゃるようでした。
--------------

大林宣彦「最後の講義」の中心コンセプトは『メイク・フィロソフィー』

何かを創り、生み出すには、『自分が考えているコト、自分が伝えたいコトを明快に持つ』ことが最も大切。
それを伝えたい想いが痛いほど伝わってきました。それは、黒澤明さんから伝わっているのですね。

ここに、自分が綴っている「価値創造の知」も117夜になりますが、

・一体、自分は何を伝えたいのか?
・自分が考えていることは何か?

という哲学・信念についてはブレがないことを再確認しました。

それは、『価値創造』の心得と方法を伝えたいのです。

そこに行きついた理由を少し紐解きます。
--------------
前職(パイオニア社)では、何回か事業に行き詰まりがありました。

・オーディオ事業
・プラズマディスプレイ事業
・総合研究所の次のテーマ

その度に、幾つかのコンサルティング会社の方達がこられ、プロジェクトを支援していただきました。
それらのプロジェクトに参加しましたが、結果的にはうまくいきませんでした。
そこでは、いつも同じ欧米の方法(テンプレート)を使い、それで、不足していることに「気づく」、起爆剤が用意されていました。
しかし、問題点や気づきには届いても、その先の「解決策」、用意されずに届かないものでした。

私は異業種とのつながりが多くあったので、異業種企業のコンサルテーションの中身を見せてもらうとどこも同じようなものでした。
また、大手のコンサルティング会社を訪ねましたが、そこでは、コンサルティングが成功に届かない悩みを持たれていました。

その時に2つの疑問が湧きました。

① これらのテンプレートだけでは、バックミラー的で、未来を切り拓けないのではないか?
② 手段・方法(テンプレート)ではなく、新しい目的の再定義と具体化が必要なのではないか?

そう思った時に、吹っ切れました。新しい時代に役立つものを創ろう、と。

自分の複数の成功体験、失敗体験(師匠、数千冊の書籍、ヒット商品、シナリオプランニング、経営品質、文化経済、等)と新結合して、「価値創造の心得と方法」まとめました。
それを、パイオニア社内で『講座:創造型人材開発』と『バリューイノベーション:事業創出プロジェクト』でお伝えしてきました。

同時に、多くの企業・地域が行き詰まりで悩んでいることを知りました。
現在では、それをブラシュアップして多くの業種・業態にお伝えし、ご支援しています。
--------------

前夜(116夜)に綴りましたが、
『普通』では、もう人は購入しないし、働かない時代です。
そこに求められるのは、素敵な「フィロソフィー」と「舞台(ステージ)」です。

人は、素敵なフィロソフィーのある物語と、そこに自ら参加できる「舞台・場」を求めています。

素敵な将来を、共に気づき、築きましょう。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
メイクフィロソフィー

橋本元司の「価値創造の知・第116夜」『価値創造とイノベーションのあいだ』③インターネットの次にくるもの

2018年3月12日 ストーリテリング&知配

昨夜(第115夜)は、「インターネット」(世界)ではなく、「インターネット的」(世間)」(第80夜)を綴りました。
日本の経済成長が停滞しているのは、この不可逆な「インターネット」「インターネット的」に対応した産業に後れをとっているのが大きな原因の一つです。

そして、第109夜・第112夜で提示しました、3I(AI・IoT・Industry4.0)と3C( Computer・ Communication・Control)がシナジーを持って進展していくのは避けられません。
ここで重要に想うのは、二つあります。

一つ目は、①「インターネットの次にくるもの」を洞察するコト。
二つ目は、②「日本の方法」です。本来、日本が持っている方法(第47夜)を知り、上記の①「インターネットの次にくるもの」と②「日本の方法」を「かさね・あわせ・きそい・そろい」を想像・創造することで独自性を発揮するコト。
過去が豊かにあると、現在と将来が豊かになります。その①と②が不思議に相性がいいことがわかり、新結合(第17夜、第18夜)にして、有機的にストーリーにすることをお薦めしています。

それでは、①「インターネットの次にくるもの」の12章の一行要約(訳者あとがき:398p)から引用します。
----------------
1.Becoming
ネット化したデジタル世界は、結果ではなくプロセスとして生成。
2.Cognifying
世界中が利用して人工知能を強化することで、それが電気のようなサービス価値を生じる。
3.Flowing
自由にコピーを繰り返し流れる。
4.Screening
本などに固定化されることなく、流動化(アップデート)して画面で読まれるようになる。
5.Accessing
すべての製品がサービス化して、リアルタイムにアクセスされる。
6.Shearing
シェアされることで、所有という概念が時代遅れになる。
7.Filtering
コンテンツが増えすぎて、フィルターしないと見つからなくなる。
8.Remixing
サービス化した従来の産業やコンテンツが、自由にリミックスして新しい形となる。
9.Interacting
VRのような機能によって、高いプレゼンスとインタラクションを実現して効果的に扱えるようになる。
10.Tracking
そうしたすべてを追跡する機能が、サービスを向上させるライフログ化を促す。
11.Questioning
問題を解決する以上に新たな良い疑問を生みだす。
12.Beggining
すべてが統合され、著者がホロスと呼ぶ次のデジタル環境へ進化する。
-------------

ここでは、近未来の一日をストーリー仕立て(ストーリテリング)で編集されているのでわかりやすい本になっています。
(「ストーリーテリング」とは、伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法のこと)
世界各地で翻訳されていますので、貴社・貴地域の将来に関心のある方は是非ご覧ください。

 

さて、ポスト製造業の経営戦略「ミレニアル起業家の新モノづくり論」で著者の仲暁子さんは上記ストーリテリングについて次の様に記しています。
----------
ストーリーとは、要は「なりたい自分像」や「理想の世界の状態」のことを指す。それは例えば定量的な「体重がXkg」とかではなくて、数値では表せない定性的なもの。だから、ストーリーと言われる。
例えば、
・iPhoneを買う消費者は、別にiPhoneのスペックを購入しているわけではなく「iPhoneを持っている、イノベーティブでスマートなイケてる自分像を買っている。
・シェアハウスに住む若者は、単純にお金がないというだけでなく、(昨今の人気のシェアハウスは一人暮らしよりも高かったりする、「オープンに人と関わり合って進化していく自分像」を買っている。
・パタゴニアで人が働くのは、「品質の高いフリースをつくりたい」からではなく、「自然への敬意・情熱・愛を持っている人たちと一緒に世界環境をよくしていく自分像」を実現するために働いている。
安いとかバッテリーのもちがいいとか、給料が高い、だけじゃもう人は購入しないし、働かない。

ストーリテリング能力とは、こういった背景の物語を組み立てて言語化し、発信できる力のことを指す。

ストーリーはもの不足の時代からマーケティングでは必須だったが、ものが溢れる現代においては一層重要性が増している。
消費だけでなく労働者という観点においても、個々人の心情の変化やAI,ロボットの台頭という外的要因がストーリー重視の流れを加速している。・・・
--------------

多くの会社・地域に、ストーリテリングの力が不足しています。
その能力(背景の物語を組み立てて言語化し、発信できる力)を体得するが、「深い知(第85夜)と高い知(第87夜)」です。

本夜は昨夜(第115夜)を実践する時の補完として、重要な二つのこと(①インターネットの次、②ストーリテリング)を綴りました。
『気配』という言葉があります。
・「気配(けはい/きはい)」とははっきりとは見えないが周囲の様子から何となく漠然と感じられる様子

上記の対として『知配(ちはい)』という造語が浮かびました。
「様々な業種・業態や地域」、及び、上記「過去と未来の情報」等に触れるコト、考えるコトによって、想像・創造の『知配(ちはい)』が高まります。

さらに、「気配と知配」をたかめ、価値創造にフィードフォワードしたいと想います。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
IMG_1494

橋本元司の「価値創造の知・第115夜」『価値創造とイノベーションのあいだ』③インターネット的

2018年3月11日 ③インターネット的(リンク、シェア、フラット)

アナログ的、デジタル的、総合的、実用的、恒常的、・・・
『・・的』とは、「そのような性質をもった意」「そのようなようすの、それらしい、などの意」を表しています。

 本夜は、糸井重里さんが著した「インターネット的」を参考にしながら、それを『価値創造とイノベーションのあいだ』に組み込んだ世界を皆さんに想像・創造していただきます。
できれば、第112夜(3C)と第114夜を下地にしていますので、事前に読んでおいていただければ幸甚です。

さて、「インターネット」と「インターネット的」はどう違うのでしょうか?
糸井さんは下の様に解説(引用&編集)しています。
------------
・「インターネット」は、「伝える仕組み」です。いわば、人間の生み出す情報という「料理」をすばやくどこにでも届ける「お皿」です。ほんとうは、一番面白いのは、お皿に何をのせるかということのはずです。
・「インターネット的」とは、インターネット自体がもたらす社会の関係の変化、人間関係の変化みたいなものの全体を思い浮かべてほしい。

もっとイメージしやすいたとえでいうなら、「インターネット」と「インターネット的」の違いは、自動車とモータリゼーション(自動車が発明され、社会に広く浸透していくようになってから変化していったすべてを含む)の違いに似ているでしょう。
------------

どうでしょうか、イメージできましたか?
「インターネット」が社会に、生活に進展・浸透する中で、私たちのビジネス環境やライフスタイルは大きく変わっています。『スマホ』ひとつをとってもその双方に影響を及ぼしていますね。

糸井さんは、「インターネット的」といった時に、3つの軸(①リンク、シェア、フラット)を提示しています。

-----------
①リンク:従来の「ジョイント」的つながりは、いわば、「問いと答えのセット」のようなつながりですね。
しかし、「リンク」というつながり方は、「問い」のほうにも、「答え」のほうにも、たくさんの付属する情報があるのですが、それが有機的につながりあうというのが魅力的であり、「インターネット的」。
周辺情報だとか、リンクの先のリンクにまで延々と深くつながってゆくのです。これこそが、「インターネット的」の一番の鍵になるのです。

②シェア:個人でつくったもの、個人の力をみんなで分けと。あって楽しむというシェア(おすそわけ)は、クラブ活動などで体験しています。分け合うというのは、なぜかは知らねど、楽しい、と。
その「シェア」というよろこびの感覚が、「インターネット的」。情報はたくさん出した人のところに集まります。
おすそわけをたくさんしている人や企業には、「これも、あなたが配ってください」という新しい情報が集まる交差点のようになってゆきます。

③フラット:従来は、「みんなのプライオリティが一定している」ことが、社会が安定していることと考えられていました。
フラットというのは、それぞれが無名性で情報をやりとりするということと考えられます。そこでは、情報のやりとり自体やそこで交わされる意味や思いだけが存在しています。
価値の三角形は、バタンと倒れて、平ら(フラット)になり、そこではそれぞれの人が自分の優先順位を大事にしながら役割をこなしている。
-----------

「インターネット」自体がもたらす「インターネット的」の鍵が揃いました。
第109夜、第112夜で提示しましたが、それは、3C『①C: Computer=脳(AI)②C: Communication=神経系(IoT)③C:Control=手足等(Industry)』の「②C: Communication=神経系」が発達したのです。
そして、「①C: Computer=脳(AI)」と③C:Control=手足等(Industry)」に変化をもたらして、「三位一体の世界の扉」を開けました。

その鍵の中心が、「リンク」と「シェア」であり、結果として、フラットな世界が生まれつつあります。
(因みに、「インターネット」が世界で、「インターネット的」が世間(第80夜)です)

さて、私たちの身の回りには、
・スマホ、Facebook、LINE、Instagram、・・
・住居やクルマのシェアリング、・・
・異業種コラボレーション、企業間連携、産官学連携、官民協働、・・
・COOKPAD、アマゾン、グーグル、メルカリ、・・
・・・

次々に、社会の関係の変化、人間関係の変化があり、従来のピラミッド型価値観が大きく崩れました。
社会関係、人間関係が変われば、貴社も貴地域も逸早く変える、再定義する必要があります。

さてさて、皆さんの会社や地域に、上記の3つの軸(リンク、シェア、フラット)は組み込まれていますか?
日本経済が長く停滞している原因の一つが、広義の意味のインターネット系の産業の遅れにあります。もう、インターネット的な社会・産業になっているのです。
早速、「インターネット的」を組込んでみましょう。
それを組込んだ時に、どのような変化が訪れるのかを想像してみてください。今までの制限を外すと、いきなり「余白」が生まれてきますね。
従来の枠を外し、隆々とした将来を想像・創造するのがコツです。

そして今は、「インターネット的」に加えて、「AI的」を組込む時代が迫っています。(もう、トラックでは一周遅れではないですか?)
別に、「インターネット」「AI」の中身・仕組みまで知る必要は全くありません。
上記の「お皿(インフラ)」側でなければ、「料理」関係を把えれば良いのです。しかし、第112夜で提示しました様に、舞台(Prepare⇒Performance⇒Promote)をプロデュースすることはお薦めします。

最後に、「インターネット的」とは『リンク・フラット・シェア』する生き方であり、考え方です。そのような環境を生きています。
それを貴社・貴地域に組み込んだ途端に「イノベーション」が始動しはじめます。

その時にすぐに下記が判ります。

「このままでは進めない。足りないものがある」と。

その時に必要なのが、貴社・貴地域の新機軸です。
それを明確にするのが、「広い知(ミッション)・高い知(ビジョン)・広い知(イノベーション)」(第82夜、第89夜)であり、それによる『確信と革新』となります。
そして、それを実現するのは「人財」です。

隆々とした将来のために、「3C」「3I」(第109夜)の時代に先手を打ちましょう。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ

インターネット的

橋本元司の「価値創造の知・第114夜」『価値創造とイノベーションのあいだ』③学ぶ⇒真似ぶ⇒翔ぶ

2018年3月10日 学ぶ⇒真似ぶ⇒翔ぶ

本夜は、次夜(第115夜)の『インターネット的:価値創造とイノベーションのあいだ』のための前段です。
『3C』(第112夜)の時代に、異業種・異業態のいい仕組みを取り入れることによって「イノベーション」につなげられている実例です。

それを下地にして、『インターネット的』なるものをベースにした時に、現在の会社(事業)はどのようなイノベーションの可能性があるのかを考えてもらうための前提になります。
研修先やご支援先によって幾つかの事例(コンテンツ)をご用意していますが、今回は「バリューイノベーション研修」で活用しているものをご紹介します。

今回は、3つの事例(①スターバックス、②トヨタ生産方式、③株式会社武蔵野)をあげます。

①スターバックス
エスプレッソの歴史は18世紀初頭、ナポレオンが発令した大陸封鎖令によって、イタリアでのコーヒー豆の流通が激減し、 ローマのカフェで小さなカップで飲まれるようになったのが始まりと言われる。
米スターバックス CEOハワード・シュルツがミラノを訪れたのが1983年。シュルツは現地で多くのカフェバールを訪れるが、その後のスターバックスの将来に大きく影響を与える光景を目の当たりにする。
それは、上質で洗練されたエスプレッソとホスピタリティ溢れる熟練したバリスタ、人々が集まり形成されるコミュニティの存在だった。
アメリカに戻ったシュルツは、それまでコーヒーの量り売り専門店だったスターバックスにエスプレッソを持ち込み、1984年にカフェビジネスをスタートする。
こうして、現在のスターバックスのスタイルが確立された。(引用加筆:ESPRESSO JOURNEY)

②トヨタ生産方式
「アメリカのスーパー」から生まれたトヨタ生産方式は、 意外な結びつきによって何かが生まれ、新しい発想が得られるという模倣から生まれた逆転の発想です。
それは改善ではなく、「イノベーション」です。

大野氏は、著書『トヨタ生産方式』で次のように説明している。
「スーパーマーケットから得られたヒントとは、スーパーマーケットを生産ラインにおける前工程とみてはどうかということであった。
顧客である後工程は、必要な商品(部品)を、必要なときに、必要な量だけ、スーパーマーケットに当たる前工程へ買いに行く。
前工程は、すぐに後工程が引き取っていった分を補充する。こうしてやっていくと、私どもの大目標である『ジャスト・イン・タイム』に接近していけるのではないかと考え
本社工場の機械工場内で昭和28年(1953年)から、実地に応用してみた」

③株式会社武蔵野
株式会社武蔵野は、「経営品質賞」を2度受賞された中小企業の会社で、小山昇社長には、2回お会いしました。

私は自称「パクりの天才」です。「他社からパクる」ことを決定する。真似こそ、最高の創造である。「『株式会社武蔵野』の正式名称は、『株式会社盗品見本市』」と冗談めかして話すくらい、他社の真似ばかりしてきました。
個性が尊重される時代にあっては、「真似すること」は「恥ずかしいこと」だと思われがちです。「独自性で勝負することが正しい」と考えられています。ですが、私はそう思いません。
とくに中小企業は「真似することが、正しい」。「学ぶ」は「マネぶ」。真似こそ最高の創造であり、真似こそ最高の「戦略」です。「他業界の成功事例」を積極的に取り入れてきたからにほかならない。
「株式会社武蔵野」のしくみは、100%どこかの真似であり、自社で考えたものは、なにひとつありません。

この会社の凄いのは、「真似たものを徹底的にシステム化」するところにあります。それも含めて本格的にコンサルタントをされています。

----------------

第100夜に綴りましたが、先輩や師匠のおかげで、たくさんの会社・地域の現場を訪問し、数百社の想い、仕組みを私自身が体験してきました。そのような引き出しを持っていることで、連続のヒット商品もプロデュースしてきました。
「学ぶ」の語源は「まねぶ」であり、模倣は「創造の母」とも言われます。優れた異業種・異業態を学び、お手本として、そのの本質を見抜き、そして飛翔する。ここがポイントです。そこには、『確信』が必要です。

学ぶ ⇒ 真似ぶ ⇒ 翔ぶ

というのが、上記、①スターバックス、②トヨタ生産方式、③株式会社武蔵野
でも分かりますね。上記はほんの一部で、イノベーションの神様の「スティーブジョブズ」も同様でした。

さて本夜は、首記で記したように前段です。ここに、「インターネット的」なるものを「合わせ、重ね」をした時のイノベーションを次夜(第115夜)に綴ります。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
学ぶ真似ぶ翔ぶ

橋本元司の「価値創造の知・第113夜」『価値創造とイノベーションのあいだ』②本気・本質・信念

2018年3月7日文化経済研究会・第93回定期セミナー

今回のテーマは「循環型社会」。
御一人目の講師は、ユーグレナの「出雲充社長」

「人と地球を健康にする」という信念のもと、躍進を続けられています。

バングラディシュの貧困を目の当たりにして、その体験から、「ミドリムシを活かして地球規模で問題を解決し、循環型社会を実現しようと突き進む」、ダイナミックなビジョンがあります。

その新規事業を500社にアプローチして全て打ち砕かれ、501社目(ITOCHU)で繋がるという、そこに至る諦めない、くじけない信念と壮絶なプロセスが響きます。

・前例がない
・実績がない

イノベーションとはそれがあたり前です。
自分も前職(パイオニア社)で、レベルは違いますが、「オーディオの性能ではなく、ライフスタイルからの異業種コラボ」という企画を掲げた時に、大きな反発がありました。
いったい、何を目的にするのか、何を前提にするのか、何を分母にするのかという『本質』を共感できるのかが重要ですが、なかなか理解を得られないことが通常です。

ユーグレナ社のコンセプトは、「人と地球を健康にする」

社長のピュアな気持ち⇒本気⇒本質⇒信念⇒実践⇒次の本流

という図式ですね。
でも、そのような信念・取組みに、それが将来の素敵な本質をついているからこそ、神様は必ず大きな試練を与えます。
何故なのでしょうね。止めて欲しいですね。

上記、500社全てに提案が打ち砕かれた時に、「いったい、どうしてこの良さがわからないのだろうか?」
という内に秘めた『怒り』があったと想像します。
自分にも将来に向け役立つ新しい提案への社内からの反発が何度もあったので共感します。

「皆に、本質を深く捉えれば、考えて貰えばわかるはず」

でも、なかなかそう簡単にはいかないのですね。痛い目にあいます。
その分、更に考える、整理することで、提案も自分も磨かれます。
そして、それは、「信念・核心・確信」に繋がってきます。

そして、ギリギリのところで、天からロープが降りてくることがあります。
さて、先日のWBS(3/1)では、下記の取組み(コラボ)が放送されていました。

ユーグレナ社×ジーンクエスト社、ヘルスケア事業で新領域「生命科学×IT」に参入。
~遺伝子解析サービスを軸に、「未来の自分を健康にする」ソリューションを提供~

ここにも、色々な乗り超える壁がありますね。
技術が先行する中で、「個人情報の安心・安全」をどう創るのかですね。応援します。

さて、
御二人目は、ハウステンボス・ハピロボの「冨田直美取締役」です。
株式会社 hapi-robo st (ハピロボ)は、人の能力を引き出し成長させるロボットで、自分の幸せが他人にもつながる、「人々の生活を幸せで豊かにする」コト、
そして、最先端のテクノロジー、インフラストラクチャー、サービスによって新たなイノベーションを創造し、人々の生活を豊かにする「ロボットと共生する社会」を実現を目指されています。

『人のOS=考える力がKey』
元々人間が持っている脳力を最大限引き出すこと。
その為に、「3つの質問」がありました。
①あなたの幸せは?
②技術は人を幸せにしてきたか?
③楽になることは幸せか?

私たちは、『楽』になることばかり考えてきました。そこに警鐘をならしています。

楽なコト < 辛いことをすべき

これは、第112夜にも綴ってきました。同感です。
そう、「幸せ」は自分で考えるべきことですね。
そのことを事例を紹介されながら、熱く説明してくださいました。

—————
さてさて、御二人は、「バングラデシュの貧困」の本質、「人間・AI・ロボット」の本質、それらの本質を見極め、本気・信念で「本来と将来」に取り組まれていました。

①経験・体験の重要性、意味

②自分で考え抜くコト

③あきらめずにやり抜くコト
お二人の共通項です。そこに秘めた『怒り・マグマ』、そして「本気・本質・次の本流」のプロセスには全く同感です。

そして、出雲社長は、「価値創造のイノベーション」に必要なことを話されました。それは、

『メンター(先生)とアンカー(大切なもの)』

確かに!

それが世の中に役立つ本質的なコトであっても試練はかならずあります。
その時に、諦めずに続けられるための拠り所ですね。

これもまた、全く同感です。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
IMG_1492
IMG_1488

文化経済研究会「本気・信念のヒト」

2018年3月7日 「本気・本質・本流」のプロ講師二人

文化経済研究会・第93回定期セミナーに行きました。今回のテーマは「循環型社会」。
「経営品質プロフェッショナル」の仕事仲間の二人を同伴しました。

御一人目の講師は、もう、3回お会いしているユーグレナの「出雲社長」
「人と地球を健康にする」という信念のもと、躍進を続けられています。
ミドリムシを活かして地球規模で問題を解決し、循環型社会を実現しようと突き進む、ダイナミックなビジョンがあります。
500社にアプローチして打ち砕かれ、501社目(ITOCHU)で繋がるという、そこに至る諦めない、くじけない信念と壮絶なプロセスが響きます。

先日のWBS(3/1)では、下記の取組みが放送されていました。
ユーグレナ社×ジーンクエスト社、ヘルスケア事業で新領域「生命科学×IT」に参入
~遺伝子解析サービスを軸に、「未来の自分を健康にする」ソリューションを提供~

御二人目は、ハウステンボス・ハピロボの「冨田取締役」。
『人のOS=考える力がKey』
元々人間が持っている脳力を最大限引き出すこと。それを事例を紹介されながら、切々と説明してくださいました。

「ロボットで人々を幸福に ハピロボが描く未来の風景」
氏が取り組むのは、人を楽にするロボットでなく、その人の能力を引き出し、発展・成長させる事ができるロボットの開発。最先端の技術に固執せず、企業の理念を実直に追い求め、人々の生活を豊かで幸せにするために邁進されています。

御二人は、バングラデシュの貧困の本質、ハウステンボスの変遷、AI・ロボットの本質、それらの本質を見極め、本気で「本来と将来」に取り組まれていました。
①経験・体験の重要性、意味
②自分で考え抜くコト
③あきらめずにやり抜くコト
お二人の秘めた『怒り・マグマ』の中に、「本気・本質・次の本流」がドカーンと脳と心に響きました。多くの方達に、その『セミナー場』のライブ体験をしていただきたいと思いました。
セミナーの後、仕事仲間三人で表参道で懇親し盛り上がりました。三人でセミナーを体験したコトが自分たちの『次を創る』ことに繋がりそうです。
IMG_1487
IMG_1488
IMG_1492
IMG_1493

 

橋本元司の「価値創造の知・第112夜」『価値創造とイノベーションのあいだ』①

2018年3月6日『価値創造イノベーション』①

前夜(第111夜)に綴った内容をもう少し抽象化して図解します。

21世紀は、『技術(テクノロジー)のイノベーション』から、『価値(バリュー)のイノベーション』に移行しました。
それは、「技術」が衰退したということではなく、イノベーションの領域、メニューが拡張したということです。

 これを「見える化」するために、下記「地(分母)と図(分子)」(第105夜)で表します。
-------------
・発想のための「地」と「図」
情報には、「地」(ground)と「図」(figure)があります。地は情報の背景的なものを示し、図はその背景に浮かび上がっている情報の図柄をさします。

情報を瞬間的にとらえるとき、私たちは情報の図をみていることが多いものです。「地」情報は、漠然としていたり、連続しているいたりするので思考からついつい省いてしまいがちです。地の情報は、見ているようで見ていないのです。

意識して「地」の情報に着目してみましょう。何を地の情報としているかです。
・・・
----------

そう、この依って立つ「地」(分母)の認識がとても重要です。「一体何を前提にしているのか」という基盤がズレていれば結果は違うものになります。

前夜(第111夜)にもお伝えしましたが、複数の会社(研究所)の将来をシナリオプランニング作成する依頼があり、そのナビゲーター、モデレーターのお手伝いを行っていました。
20世紀後半は「技術研究所」でも良かったのですが、21世紀では「技術研究所」では対応できません。

それは、世の中が『1C(Control)』から『3C(脳業)』(第109夜)へ、及び『おもてなし三位一体業(しつらい・ふるまい・心遣い)』(第2夜・第20夜・第93夜:ハードウェア×ソフトウェア×ハートウェア)の時代に進化したからです。
それに連れて、その思考法もコメントに記すように、「二つの思考」の両方が必要になりました。

それが、「合理的問題解決思考」と「プロデュース思考」です。「合理的問題解決思考」の特徴は、「合理的な意思決定によって、効率的に問題解決できる」ことにあり、「プロデュース思考」は、「望まれる未来の姿を設定することによって、取り組むべき問題が特定される」という特徴を持ちます。

21世紀は、「3C」「3I」「おもてなし三位一体」と、高度であり、不確定の時代です。プロデュース思考を使ってこれに立ち向かわなければなりません。
2003年、前職(パイオニア社)では、研究所のトップからの依頼で、本社(新事業創造室)から技術開発本部(研究所)に異動になりました。

上記の時代の変化の認識があったので、それをトップに上申して、「合理的問題解決思考」と「プロデュース思考」を併せた『顧客価値創造法』を各研究室にキャラバンしてお伝えし、そこから選抜した若いメンバー達と一緒に、10年後の会社(研究所)の将来の姿を「シナリオプランニング」(第15夜、第28夜)と「3つの知」でビデオにまとめました。

2006年に作成した「10年後の4つのシナリオ(2017年)」は、以前にも綴りましたが、ほとんど、隆々とした将来像と研究テーマを言い当てていました。『問い』の立て方と洞察力が重要なのです。
そう、良質な「目的と方法と場」があれば、将来を洞察(Sight)し言い当てる可能性が格段に高まります。それを『技術』という枠だけで限定し、その合理的思考で固定することで顧客価値から遠くなってしまうのです。
全ては、顧客価値の本質から把えることから始まります。

その時(2006年)は、下記提言を小さい声で上申していましたが、今は大きな声で言えます。

『全ての技術研究所は、価値創造研究所に進化してください』と。

そうすると、新しい知を持った『プロデュース思考・顧客価値創造思考』できる人財が必要になってきます。イノベーティングとマーケティングを新結合した新価値創造人財が、成長と革新には不可欠です。
その様な人財を学校や会社は創ってこなかった、創ってこれなかったのです。
この様な人財を意識的に育成、活用する地域、会社に成長と成功が訪れます。

現在放送中の、「テレビ東京・カンブリア宮殿」に呼ばれる人達(イノベーター)を是非観察してみてください。
それは、一次産業の農業、漁業を6次産業(素材⇒加工⇒流通)に革新したり、スーパー公務員の実践であったり、逆境から立ち上がった『プロデューサー』達ばかりです。

それは、新しい目的(第28夜、第85夜)と新結合(=イノベーションの本質・第32夜、第36夜、第75夜)から生まれてきます。

文字・言葉だけでは分かり辛いので、どのように考えるかの一例をあげます。
テーマは、『クラブDJ機器の将来像』です。皆さん「クラブ」に行かれたことはありますか?何回か通いました。

『クラブDJ機器』の5年後、10年後を洞察したい、というテーマがきたとします。あなたなら、どう対応しますか?

その時に重要なのは、最初に「機器・ハードウェア」の延長上で見ないという姿勢です。急がば回れ、先ず、「ハードウェア」を外すのです。大事だと思うものをわざと遠ざけるのです。

それは、大事な水を抜いた「枯山水」と同じで、『余白』(第22夜、85夜、86夜)をつくることが重要です。そこに『深い知』とミッションが顔を出します。

次に、
・ソフトウェア(音・楽曲)の視点から観ると、Prepare⇒Performance⇒Promote(第91夜、第107夜)という流れ・舞台(ステージ)があります。料理の流れと一緒です。
・ハートウェア①:DJの側から観ると・・・
・ハートウェア②:オーディエンスの参加性からは・・・
・クラブ経営の箱、演出、人
・メディアの進化は?:①メカ、②PC、③通信

特に重要なのは、「ソフトウェアの一気通貫」「ハートウェアの双方向性」「感動の場面」から世界と世間を掘り下げ、拡げる視点、及び「マネタイズ」です。
その上で、「顧客に囲まれる」に進化するのです。
そうすると、今までと違うハードウェアの輪郭が浮かびあがります。それをシナリオマトリクスと成長マトリクスで見える化、戦略化、プロデュース化する。

「3C・3I・おもてなし三位一体」を分母に置くというのはそういうコトです。上記の舞台(Prepare⇒Performance⇒Promote)という視座から入る。そうすると、そのステージ上には、様々な「新結合=イノベーション」が生まれます。『クラブDJ事業』には、まだまだ隆々とした余白、伸びしろがありますね。

『価値創造イノベーション』の時代には、プロデューサー人財 とチームを意識的に生み出すことと、『方法の厳選』と『場の用意と卒意』が肝要になります。
外部人材を上手く賢く活用する方法もあります。

価値創造から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ

価値のイノベーション
二つの思考

橋本元司の「価値創造の知・第111夜」『価値創造イノベーション』の時代

2018年3月4日 「技術のイノベーション」と「価値のイノベーション」

 
 20世紀後半は、『技術(テクノロジー)のイノベーション』の時代でした。
そして、いま21世紀は『価値(バリュー)のイノベーション』の時代です。
 この違いの本質を的確に明確に把えておくことが、皆様の人生や事業創生・地域創生・人財創生に肝要と想っています。
それをこれからひも解いてゆきます。
 
 日本では、イノベーションは、「技術革新」と訳されることが多いのですが、この言葉の提唱者であるJ.シュンペーターは、「新結合(neue Kombination)」という言葉を使っていました。イノベーションとは、技術の分野に留まらない「一見、関係なさそうな事柄を結びつける思考」がその本質にあります。
 
 イノベーションとは、『「モノやコト」が新しく結びつき、それが新しい価値として社会的に受け入れられて、経済が発展した状態のコト』と定義されます。
 
 彼は、イノベーションこそ資本主義の本質であり、イノベーションが起こす劇的な変化が経済発展させるというビジョンを打ち出したのです。
参考に、イノベーションの5分類を記します。
(1)新しい生産物または生産物の新しい品質の創出と実現
(2)新しい生産方法の導入
(3)産業の新しい組織の創出
(4)新しい販売市場の開拓
(5)新しい買い付け先の開拓
 
「技術革新」を大幅に超えた「マーケティングを内包している広い概念」ですね。
 
さて「イノベーションの推移」は、添付図を見ることで分かりやすくなります。
 
① 20世紀後半は、高度成長期の「モノづくり」の時代でした。なので、目に見える「技術革新」でよかったのです。それで、日本は成長しました。
 
② 次に、1985年を境にして、「コトづくり」の時代になりました。ソフトウェア、インターネットという目に見えないものが、「ハードウェア」と新結合しました。
「顧客の経験・体験」「顧客を囲い込む」という言葉がメディアに登場しました。
 
③ そして、2005年を境にして、「ヒトづくり(絆づくり)」の時代に突入しました。
それは、3C(第109夜)の2番目の通信(Communication)が本格化することで、「モノ・コト・ヒト」が繋がれるようになったのです。そして、繋がりの量が飛躍的に増加すると共に「AI・IoT・Industry4.0」が登場してきました。
 
 自分ゴトになりますが、前職(パイオニア社)では、その変遷を全て体験してきました、
元々が「エンジニア」でしたが、技術オリエンテッドではすまない未来・将来が観えてきて挑戦してきました。
・社長直轄「ヒット商品緊急開発プロジェクト」
・社長直轄「新事業創造室」
・総合研究所「新価値推進センター」
 
 そう、20世紀は「技術のイノベーション」で良かったのです。しかし、今はそれでは対応できません。
2003年頃からは、研究所に出入りしていました。同時に、シナリオプランニング関係(第15夜)で数社の異業種の研究所にもお邪魔していました。
 それで分かるのですが、それまでのやり方・考え方では、時代に対応できないことに皆さんは悩まれていました。
 
 ここで、幾つかの異業種の将来シナリオ作成にもご支援をしたのですが、その世界と世間を実践されたかされないかで、その後の経営の明暗が明確になったのが思い起こされます。
 
 「モノづくり」と「モノ・コト・ヒト三位一体づくり」では次元が違います。経営戦略や研究所のあり方を迅速に変えていかないと時代に適合できません。
 「イノベーションのジレンマ」という、成功体験に拘り、留まることで時代に置いてけぼりをくらいます。
 
 抑えるべきポイント・本質は、二つです。
1.今が、「モノ・コト・ヒト三位一体づくり」の時代であり、それが分母であること。
2.「モノ・コト・ヒト三位一体づくり」を分母にした『新結合(neue Kombination)による革新』(分子)です。
 
 「モノ」は客観的ですが、「コト・ヒト」は主観的(第107夜、第108夜)です。その三位一体に登場する中心が、『価値(バリュー)』(第102~105夜)です。『価値』とは勿体であり、主観的です。多くを綴ってきました。
 
改めまして、
21世紀は、『価値(バリュー)のイノベーション』の時代です。
 
 企業の「経営者・経営戦略・事業戦略・研究所・企画・マーケティング」は、大きく変わらなければなりません。
 
 「地域創生」でも「ハコモノ」の従来の延長のコンパクトシティは失敗したのが明らかになりましたね。
「モノづくり」の延長では、時代に、社会に、文化に、国際に、業際に、対応できません。
 
 それではどうしたらよいのでしょうか?
次夜は、上記に対応する『価値創造とイノベーションのあいだ』を綴る予定です。
 
価値創造の知から、「事業創生・地域創生・人財創生」へ
顧客共創三位一体