橋本元司の「価値創造の知・第266夜」:SDGs(持続可能な開発目標)㉑『SDGsシフト』

2019年10月21日 令和時代の成長経営は「SDGsシフト」。

姫路方面に招かれて、午前・午後と2回講演をしてきました。
テーマは「SDGsシフト」
上記は、新価値創造研究所の造語です。
これからこの言葉がメディアに登場するのではないでしょうか。

この頃、テレビでは、
・小泉進次郎環境大臣
・吉野彰さん:ノーベル化学賞
で胸に「SDGsバッジ」を着けていました。
都心ではこのバッジ姿をよく見かけるようになりました。

実は、今年から、「SDGs」は啓蒙から本格的実践(アクション)に舵を切っています。
ビジネスをしている方達(経営者)は、この「SDGs」に敏感でないと、時代の波に乗ることができないと確信しています。

そう、今回はビジネスに敏感な方に招かれての講演でした。
その方とランチをご一緒しましたが、とても刺激的で有意義な時間でした。
ここで重要な認識は、CSR(社会的責任)というこれまでの片手間な取り組みではなくて、2030年に向かって、ありたい姿を描いて

・「本業×SDGs」

を融合して、本気で取り組む覚悟が必要なことです。

そして、
・深い知:ミッション
・高い知:ビジョン
・広い知:イノベーション
という順番で、在りたい姿と「SDGs用の新しいエンジン」を創ることがポイントです。

さて、首記のセミナーの次第は、
①第一部:
・演題:「関西SDGs貢献チャレンジ」(近畿経済産業局)
②第二部
・演題:「SDGsシフト」(新価値創造研究所)
③懇親会
という恵まれた順番でした。

やはり、経営者の方たちは真剣に臨まれていました。
できるだけ、SDGsの本質を絵や図解や表でご用意したことが良かったようです。
懇親会では、目からウロコ、腑に落ちたという複数の声があって嬉しくなりました。
このようなコメントをいただくことで、もっとわかりやすく注力して次の講演に役立てていくモチベーションにつながります。

さてさて、少しでも迅速に皆様のお役に立てればと思っています。
新しい視座(めがね)については、画像から読み取れるでしょうか?
これだけではわかりませんね。
でも「価値創造の知」第246~265夜をご覧いただいた方なら、きっとわかっていただけるはず。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGsシフト

播磨国際協議会「SDGsセミナー」

2019年10月21日 令和時代の成長経営は「SDGsシフト」。

姫路方面に招かれて、午前・午後と2回講演をしてきました。
テーマは「SDGsシフト」
上記は、新価値創造研究所の造語です。
これからこの言葉がメディアに登場するのではないでしょうか。

この頃、テレビでは、
・小泉進次郎環境大臣
・吉野彰さん:ノーベル化学賞
で胸に「SDGsバッジ」を着けていました。
都心ではこのバッジ姿をよく見かけるようになりました。

実は、今年から、「SDGs」は啓蒙から本格的実践(アクション)に舵を切っています。
ビジネスをしている方達(経営者)は、この「SDGs」に敏感でないと、時代の波に乗ることができないと確信しています。

そう、今回はビジネスに敏感な方に招かれての講演でした。
その方とランチをご一緒しましたが、とても刺激的で有意義な時間でした。
ここで重要な認識は、CSR(社会的責任)というこれまでの片手間な取り組みではなくて、2030年に向かって、ありたい姿を描いて

・「本業×SDGs」

を融合して、本気で取り組む覚悟が必要なことです。
そして、
・深い知:ミッション
・高い知:ビジョン
・広い知:イノベーション
という順番で、在りたい姿と「SDGs用の新しいエンジン」を創ることがポイントです。

さて、首記のセミナーの次第は、
①第一部:
・演題:「関西SDGs貢献チャレンジ」(近畿経済産業局)
②第二部
・演題:「SDGsシフト」(新価値創造研究所)
③懇親会
という恵まれた順番でした。

やはり、経営者の方たちは真剣に臨まれていました。
できるだけ、SDGsの本質を絵や図解や表でご用意したことが良かったようです。
懇親会では、目からウロコ、腑に落ちたという複数の声があって嬉しくなりました。
このようなコメントをいただくと、もっとわかりやすくできないかと次の講演のモチベーションにつながります。

さてさて、少しでも迅速に皆様のお役に立てればと思っています。
「SDGsシフト」については、新価値創造研究所のHP(ホームページ)のコラム
・「価値創造の知」第246~260夜
にわたり綴っています。

興味・関心のある方達は、是非ご一読いただけると、SDGsと時代の波を感じられるのではないか、と期待しています。 橋本拝
SDGsシフト

 

 

橋本元司の「価値創造の知・第265夜」:SDGs(持続可能な開発目標)⑳『超現代史のススメ』

2019年10月12日 『超現代史のススメ=温故知新』

前夜(第264夜)に引き続き、価値創造に深く関わる「ノーベル化学賞 吉野彰さんの“開発秘話と未来への思い”」をピックアップします。
一昨日のNHKのクロズアップ現代+(10月10日放送)で、「吉野彰氏ノーベル賞秘話を語る」を特集していましたが、その中で重要なキーワードである『超現代史のススメ』と『シーズの糸をニーズの針穴に通す』の二つを本夜と次夜に引用します。

---------
武田:今夜は、サラリーマンとして研究を続けてこられた吉野さんが、いかにしてノーベル賞受賞決定に至ったのか、知られざる苦闘を伺っていきます。
そして、こんなキーワードも。「超現代史のススメ」。そして、シーズというのは、種という意味ですね。「シーズの糸をニーズの針穴に通す」。これまた、それぞれどういう意味なんでしょう?

吉野さん:まず超現代史というのは、まさに「超」とありますように、ここ10年、20年ぐらいの歴史がどうだったかということを、ちゃんと理解すると未来が見えてきますよ、という意味なんです。
—要するに、未来を予測しようとしたら、今現在から未来を見ると、どうしても、ぼけちゃうんです。ああでもない、こうでもないと。いったん10年前、20年前に戻ると、現在までの部分についても事実としてのデータがありますよね。それの延長線上に未来がありますね。ですから、10年、20年前から今現在を見ると、その先が自然と見えますよという、そういう意味合いです。—
---------

・「ここ10年、20年ぐらいの歴史がどうだったかということを、ちゃんと理解すると未来が見えてきますよ」

そうなんです。私たちの講座、プロジェクトでは必ずそのプロセスで将来を見通すことをしています。
(テーマによっては、50年前、100年前を理解することでよく視えるようになることがあります)
多くの会社や地域では、すぐに未来を検討しようとしますが、過去をよくみることで『現在が豊か』になります・
過去と現在が豊かになることで、やっと未来が輝き始めるのです。

それは、『温故知新』です。
・故きを温ねて新しきを知る

様々な業界や関連の業界の事例(過去・現在・未来)をご用意して、未来を観る、見通す訓練をしていただくことで世の中の先行きが見えるようになります。
それから、自分の業界を検討していただくことで、目指すべき将来、ビジョンが全員で共有できるようになります。
(多様な業種業態をご支援してきたことがお役にたっています)

例えば、価値創造講座でピックアップするのは、
・コンビニの未来
・コーヒー事業の未来
・再生可能エネルギーの未来
・教育の未来
・製造業(**事業)の未来
・音・音楽事業の未来
・文房具の未来
・**地域の未来
・働き方改革の未来
・SDGsの未来
等々、クライアント先に合わせてご用意します。
それは、将来を価値創造する『3本の矢(深い知・高い知・広い知)』(第75夜:トリニティイノベーション)の二番目のプロセスです。
「ミッション(深い知)→ビジョン(高い知)→イノベーション(広い知)」のビジョンのプロセスに当たります。
いったい何を目指すのかという「北極星」(第65夜、第66夜)を手にすることで自信ができますね。

それは、実践プロジェクト全員の「心」を強くします。
過去をよくみることで、「柔軟性」が増します。

前夜の研究で大切にしている『柔軟性と執着心』の「執着心」「柔軟性」の大元(おおもと)になります。
特に「高い知」については、この「価値創造の知」連載の第27夜、第87夜、第176夜、第228夜に綴っていますので、関心のある方は参考にご覧ください。

さて、二つ目の『シーズの糸をニーズの針穴に通す』は次夜に綴ります。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGs温故知新

橋本元司の「価値創造の知・第264夜」:SDGs(持続可能な開発目標)⑲『柔軟性と執着心』

2019年10月11日 “二つでありながら一つ”

2019年10月9日に、吉野彰さんのノーベル化学賞の受賞が決まり、日本中がその快挙に沸きました。
「リチウムイオン電池開発」は、スマホ、車、航空、宇宙等への貢献は勿論なのですが、太陽発電、風力発電という非常に変動が激しい発電技術が、普及しやすくなってくる中で、大きな環境問題への貢献だと吉野さんは語っていました。
インタビューから引用します。

---------
—「リチウム電池というのは電気を蓄えるのがいちばんの機能で、普及すると変動の激しい発電技術が普及しやすくなる。研究者としては、今後は再生可能エネルギーと組み合わせることで、新たな発電システムを使っていかなければならない」—
---------

そう、それは「ノーベル化学賞」なのですが、「ノーベル環境賞」「ノーベルSDGs賞」でもあるのです。
今後、本テーマの「SDGs」を核(コア)とした「ノーベル賞」が多く選定されると洞察します。

・吉野さんは、どんな研究者ですか?
・研究で大切にされていることは?
との問いには、

---------
—研究者ていうのは、基本的に1つは、やっぱ頭が柔らかくないと、いけないんですよね。、柔軟性ですね。
もう一つが、その真逆のいわゆる執着心というんでしようか、しつこくしつこく最後まで諦めない執着心ですね。

この二つが必要です。

「未来の人たちはこういうものを必要とするはず」。それさえ自分で自信を持っていれば少々のかべにぶち当たっても必ず乗り越えていけます。
マラソンの42.195キロのように、自分で目標、ゴールを決めること。そのゴールが変わらないから頑張れる。

一生懸命考えて頑張りぬくは絶対必要ですが、それだけだと人間めげてしまうので、まあ、なんとかなるという柔らかさが必要です。
大きな壁にぶち当たったときも「まあ、なんとかなるわね」とそういう柔らかさが絶対いるんじゃないのかなと思います。

この二つ(『柔軟性と執着心』)をどうパランスさせるかが重要です。

そして、基礎研究では無駄な研究が必要です。—
---------

第33夜(禅と価値創造③)で、“二つでありながら一つ”を綴りました。
イノベーション(新結合)の本質もここにあります。(第17夜)
参考に、少し引用します。

---------
『禅(ZEN)』の修行で一番大切なコトは何だと思いますか?
それは、「二つ」にならないということにあります。
座禅の姿勢は、「結跏趺坐(けっかふざ)」という右足と左足を組んでいますね。

この姿勢は、『二つではない、一つでもない』という「二元」性の「一者」性を表わしています。
これが、もっとも大事な教えです。(引用:禅マインド)

もし私達の心と身体が二つである、と考えるとそれは間違いです。心と身体が一つである、と考えるとそれも間違いです。私達の心と身体は、“二つでありながら一つ”なのです。
私達は普通、もし何かが一つ(単数)でなければ、それは二つ以上(複数)であると考えます。けれども実際の人生の経験に照らしてみましょう。
私達の人生は、複数であるばかりではなく、単一です。私達は、互いに支え合うと同時に自立しています。—

—「色即是空」というのは、「現実=色」に問題・課題があるのなら、先ず心を無にして、「大元=空=大切なこと=真心」に戻りなさいと教えてくれているように思います。
そして、「空=大元=真心」に戻って従来のしがらみや常識から解き放たれて、その本質(=コンセプト=核心)を把えてから「現実=色」を観ると
新しい世界(=現実=色=確信)が観えるということではないでしょうか。その確信を革新するのがイノベーションであり価値創造です。—
---------

如何でしょうか。
何かに行き詰ったときに、“二つでありながら一つ”であることに想いを馳せることで解決のヒントが必ず湧き出てきます。
「二つが何かを理解していること」が前提です。
このことを体得することで将来が変わってきます。

さて、吉野彰さんは、胸にSDGsのバッジを着けてられましたね。
私も公用の時に、そのバッジを着けて出向きます。その様な人たちが増えてきました。

令和は、「SDGsシフト」の時代なのです。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGs

橋本元司の「価値創造の知・第263夜」:SDGs(持続可能な開発目標)⑱『4.「新しい舞台」を構築するⅡ』

2019年10月4日 『お客さんから友達へ』

「舞台をつくる=顧客・社員・住民は『ドラマに参加したい!』ということ。
顧客は、「素敵なドラマやストーリーがあれば参加しますよ」と言っています。
それが不足しています。そのための『舞台』を構想してつくることです。

それは大それたことである必要はありません。失敗を恐れず、小さいところからチャレンジすること。
「工場」であれば、「工場見学会」を開催する。「WEB」であれば、人が集まりたくなる小さなプラットフォーム等です。
外界(アウター)に向かって実行しようと思った時に、貴方・貴女は何をしなければならないか、何をしたいかというステージに立ちます。

それは、これまでの
1.「新しい常識」を深堀する
2.「新しい感動」を想像する
3.「新しい結合」を着想する

という順番で準備してきましたね。
その土台があるかどうかで将来は変わってきます。

第97夜で、「価値共創とクラブ財」について3つの実体験を綴りました。
A.「クラブ財」
B.顧客参加による「一大組織の誕生」
C.「顧客を囲い込む」のではなく、「顧客に囲まれる」

それぞれが、「4.「新しい舞台」を構築する」には大きなヒントになります。
その中で、C.「顧客を囲い込む」のではなく、「顧客に囲まれる」を引用します。

---------

—2009年に谷口正和師匠主催・文化経済研究会に「クックパッド」の副社長がプレゼンされました。
今のように成長する前の時でしたが、そのお話を伺い、この顧客参加と情報収集・編集のビジネスモデルに感動しました。

早速翌週に、目黒白金台にあったクックパッドの本社を訪問しました。
その打ち合わせで、クックパッドのビジネスモデルを異業種の「パイオニア社」に編集して組み込めば、新しい感動・新産業になると確信しました。

そして、それは「クックパッド社」と「パイオニア社」の異業種コラボレーションにもつながる話で、それを「クックパッド社」に提案したところ、とてもいい反応がありました。
ただ、この企画提案は残念ながら実現しませんでした。

私なりに、価値創造4.0の基盤となるビジネスモデルを図解します。
一番重要なのは、STARTとして、「顧客価値の本質」を捉え明確にすることです。それがないと先に進めません。
それを基盤にして、顧客が準社員の様に存在して、「クックパッド」は顧客に囲まれています。その集まった情報の編集による「お宝」とサプライチェーン外の連携・提携が重要です。

顧客は、『素敵なドラマ・ストーリー・舞台』があれば、参加したい!評価されたい!のです。

やはり、クックパッド社は思った通りにビッグになりました。まだまだ伸びしろがありますね。このビジネスモデルの先にあるものを、是非みなさんイメージされてください。—

---------

この時から10年が経ちましたが、
いま、SDGsに関連付けて思うのは、

『お客さんから友達へ』

という感覚です。

「心と物語と舞台」が揃うことです。

2030年にむけて、会社・地域の将来を想ってください。
ワクワクする宣言がイメージできたでしょうか。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGs素敵なドラマ

橋本元司の「価値創造の知・第262夜」:SDGs(持続可能な開発目標)⑰『4.「新しい舞台」を構築する』

2019年10月2日 気立て → 見立て → 仕立て

本夜は、「SDGs取組みの5ステップ(基本編)」の第4ステップである『「新しい舞台」を構築する』を綴ります。
前半のステップは、「こころ」をたっぷり使い、後半のそれは「頭と身体」を使います。この両輪が不可欠です。
「こころをたっぷり使えるかどうか」が後半の出来に大きくかかわります。

1.「新しい常識」を深堀する
2.「新しい感動」を想像する
3.「新しい結合」を着想する
4.「新しい舞台」を構築する
5.「新しい価値」を創造する

(1.)(2.)で「気を立て」て、(3.)で世の中に役立つ新しい価値を「見立て・構想」してきました。
(4.)(5.)は、それの頭と身体を使う「仕立て」のステージです。(第21夜、第67夜)

参考に、第21夜(:トリニティイノベーション)で綴った一部を引用します。
---------

—「気立て・見立て・仕立て」の三つは新価値創造研究所が企業をご支援する時の重要な心得・指標を表しています。
その現場に行くと、これまで何回か現状突破に挑戦した後の行き詰まり感があり、淀んだ空気が流れて「横」に停滞していることが多いのです。原因は「構想」が立っていないこと、「行動力」に繋がらないことにあります。常識を疑い時代を突破するするためには、横のものを縦にしていく『構想力』(想いを組み立てる力)を体得していただいています。

ゴール(目標)は、クライアントの『目的』を再定義して、その『新しい目的』に向かって行動・更新し、やり抜き、創り上げ、成長・成功に導くことにあります。
なので、『発動』(行動・更新)するための「仕立て」が後方(三番目)にいます。

その前段階(二番目)には、現在の非常に不確実で不透明な時代を生き抜くための『仮説力』の体得が必要です。「見立て」とは、見て選び定めることです。選定です。—

—さて、その「見立て」・「発見」につなげるには、その前段(一番目)で社会(人)に役立ちたいという心の在り方・持ち方がとっても重要です。そこに集まるメンバー全員の心が奮い立っていてやる気があること、当事者意識があることが必要条件です。
このステージは横になっていた『気』を立てることであり、自ら心を奮いたてて大いに努力しようとする『発奮』に向かいます。
これが『気立て』であり、『発奮』です。
つまり、価値創造(=バリュー・イノベーション)には、
・気立て → 見立て → 仕立て

のように、現状突破するために「立て」るためには、
・発奮  → 発見  → 発動
という燃える状態、燃える集団の「発~」が求められます。

ここに、時代の変化に対応した「新しい物差し」「プラットフォーム」(第20夜)を私達が用意することで、
卒意(第4夜)につながり、市場創造と文化創造の道筋が観えてきます。—

---------

さて、上記引用の後部にある「プラットフォーム」が、本夜のメインテーマである『舞台』であり、『場』です。
参考に、来年に近づいた「東京オリンピック」をイメージしていただけると少し理解が進むかもしれません。
4年に一度の舞台があるとないとでは盛り上がりが欠けますね。そして、注目度が違います。
その舞台に向けて、心を一つにして「しつらい、ふるまい、ころろ遣い」の用意と卒意があってドラマが次々に生まれます。

先月(9月)から、ラグビーワールドカップも日本開催で日本テームの活躍で観客やメディアがフィーバーしています。
「目標」があるので、ベクトルが合わさり、今までは隠れていた才能がその舞台の上で花開きます。
そこには、役者(選手)がいて、観客がいて、演出家、舞台監督等々、多くの人たちが関わります。
SDGsとは、2030年の目標を掲げ、そのギャップをイノベーションとプラットフォームで埋めていきます。

『新しい舞台の構築』とは、

「多くの関係者を『場(=プラットフォーム)』に乗せることによって、外部ネットワーク効果を創造して、新しい事業のエコシステム(生態系)を構築する」

と「ビジネス現場」では表現しています。

さてさて、「SDGs」に目を移せば、2030年に向けて、どのような『舞台づくり』をすればいいのでしょうか。

市場構造の分析に基づく競争戦略論大家マイケル・ポーターは指摘しています。
「CSR(企業の社会的責任)は偽善である。企業の事業戦略と社会的価値の創造との融合が競争優位の源泉となる。Creating Shared Valueがゴールである」と。

それは、「自社の事業戦略とSDGs(社会的価値の創造)との融合が競争優位の源泉である」と置換できます。

『新しい舞台の構築』では、「価値創造の知」シリーズでは何回か引用した参考事例を次夜に綴ります。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGs新しい舞台

橋本元司の「価値創造の知・第261夜」:SDGs(持続可能な開発目標)⑯『企業人/大人の意識改革』

2019年9月29日 SDGs・日本企業の現場

グレタさんの地球の温暖化対応怒りの国連スピーチ(第259夜)は、大人への意識改革を促すものでした。
彼女の魂の叫びが、「地球・人類はターニングポイントにある」という一人一人のマインドセットを突きつけました。

さて目を転じて、「日本企業の現場」はどうでしょうか。
実は、現場に行くと、大企業で「利益起点」(第260夜)に軸足を置いていて、SDGsの「課題起点」には届いていないところが多いのです。
SDGsへのアプローチでは、CSR(企業の社会的責任)としての取組みで体裁を整えているのが現状です。
挑戦的な中小企業の方たちの方が情熱と本気ではリードしています。

先週半ばに、SDGs関連のカンファレンスで登壇された大手のCEOの方たちが、自社の取組みを図解で説明されていました。
そこでは、CSRとSDGs17のゴールを結び付けて整理されていたのですが、
「いろいろやっています」という表面的なレベルに感じてしまいました。
一緒に同席した友人にそれを聴いたら、「自分もまったく同じ印象だ」と云っていました。

彼と話して不足を感じたのは、大企業の「本気と社会に対するコミットメント(お約束)」でした。
私たちが大企業に望んでいるのは、2030年に向けた「SDGsの明確な目標&お約束」です。
「大きな宣言」をして欲しいのです。

「構想」が不足しているように感じています。
新価値創造研究所が定義する「構想」は、

・事象の本質を見極めて、理想の姿を描くこと

です。

上記カンファレンスのプレゼでは、本業とのかかわりの中で、「事象の本質」と「理想の姿」が明確に伝わってこなかったのです。
企業の構想と社会へのコミットメントが成長・成功の前提なのです。

先ず、「利益起点」から「本気の課題起点」へ視点・軸足を動かすことです。
課題解決を先取りすれば、利益はあとからついてきます。

社長が変わらなければ、会社は変わりません。社長が変われば、力が結集されます。
社会課題に本気で対応する、挑戦することが求められています。

ここで、

・「企業は、社会を変革するプラットフォーム(舞台)である」

というフレーズがトップの心に響いたら将来の可能性が高まります。

さてそれを受けて次夜は、「SDGs取組みの5ステップ(基本編)」の

・4.「新しい舞台」を構築する

に進もうと思います。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGs意識改革

橋本元司の「価値創造の知・第260夜」:SDGs(持続可能な開発目標)⑮『How SDGs?』

2019年9月28日 SDGsの大きな目標を宣言すること

ちょうど今から二年前に、NHK・クロースアップ現代で「ESG投資」の特集がありました。
少し長くなってしまうのですが、SDGsと深い関係があるので、そのプロローグを引用します。
---------

—世界各国で広がる環境破壊や、労働者を酷使する人権問題。これらを防ごうと急拡大しているのが「ESG投資」だ。
「環境・社会・ガバナンス」に力を入れる企業への投資が急増する一方で、「十分に配慮していない」と見なされた企業からは資金が引き揚げられ、厳しい対応を迫られるという。
3年後の東京五輪を前に、世界の投資家がいま、日本企業への監視を強化。2500兆円を超えた「ESG投資」の最前線を追う。—

(ESGは環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の英語の頭文字を合わせた言葉です。
投資するために企業の価値を測る材料として、これまではキャッシュフローや利益率などの定量的な財務情報が主に使われてきました。
それに加え、非財務情報であるESG要素を考慮する投資を「ESG投資」といいます)

—世界的なうねりに企業は、どう対応すればいいのか。日本で開かれるESG投資のセミナーには、多くの企業関係者が押し寄せています。
「ここに投資家とあります。彼らがものすごい勢いで、いま働きかけています。企業を見る目っていうのは、単なる売上高、そういうものの規模の経済だけではない。
社会に対して、どのような負の影響を皆さんの会社が、どこで及ぼしているのかというのを見ていかなきゃいけない。」—

---------

上記のESG投資の拡大や政府・経団連等によるSDGs達成に向けた取組みを推進する機運の高まりがあり、大企業を中心に自社の経営にSDGsを取り込む動きが急になっています。
しかしながら、SDGs達成に向けた中小企業の取り組みは多くないのが現状です。その中小企業の方たちが、SDGsを取り組まないと時代において行かれてしまう危惧を綴ります。

添付スキーム図は、SDGs関係のカンファレンスによく登場される「SMBCグループ」のものを引用しています。
◆ How SDGs?(どのようにSDGsに取り組むのか?)
①お客様のSDGsへの取組みを金融面からサポート
→持続可能な事業に向けた金融支援
②お客様のSDGsへの取組みに伴走
→持続可能な事業実現に向けた伴走

という方針が出されています。

SDGs融資を利用するには、SDGs達成につながる自社(各企業)の取組について経営計画書を作成し、借入期間中には、経営計画の達成に向けて、各種情報提供等のサービス提供を受けられる。また、保証料の一部について東京都から補助が受けられます。

そこでは、
・SDGs経営計画提出
・融資判断、サポート
・評価基準のアップデートとデータ管理
のステップになります。

重要なことは、「SDGs」に取り組まない中小企業は融資が受けられなくなるという認識です。
いま、「SDGs達成」とは、各企業の「成長経営戦略」に直結しているのです。

展開上では、、
・「SDGsの大きな目標を宣言する」
・その将来の目標から現在をみて、そのギャップを埋めていく(=バックキャスト)
ことが求められます。

それは、SDGsの目的である「2030年のあるべき姿に向かっていくこと」につながります。
そして、革新的な取組みを先取りができれば、「企業成長につながる」ということです。

その実現にむけてリーダーは
①イノベーション
②レギュレーション
③キャピタリゼーション
をしっかり把える必要があるのです。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGs銀行

橋本元司の「価値創造の知・第259夜」:SDGs(持続可能な開発目標)⑭『How dare you (よくもそんなことを・・)』

2019年9月27日 「利益起点」から「課題起点」へ

本年5~7月に、自分が関わる「SDGs」関係の会合が頻繁になり、8月2日から「SDGs」のコラムを綴り始めました。
その「SDGs(持続可能な開発目標)」をテーマにした本連載も⑭になりました。
2015年から「SDGs」に着目していたのですが、去年の中頃から潮目が「アクション(実践)」のモードに切り変わってきたことを実感しています。
そんな折に、下記のグレタさんの国連スピーチ(地球の温暖化対応への怒り)がありました。
これで、世界は全面ギアチェンジに入ります。

9月23日、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)はニューヨークで開かれた国連気候行動サミットに出席し、地球温暖化に本気で取り組んでいない世界のリーダー達を叱責しました。
連日メディアで取り上げられているので、皆さんその内容はご存じだと思います。それを前提として、SDGsとの関係でその本質を綴ります。
それでは、グレタさんのスピーチの一部を引用します。

---------

—多くの人たちが苦しんでいます。多くの人たちが死んでいます。全ての生態系が破壊されています。私たちは大量絶滅の始まりにいます。

それなのにあなたたちが話しているのは、お金のことと、経済発展がいつまでも続くというおとぎ話ばかり。恥ずかしくないんでしょうか!

30年以上にわたって、科学ははっきりと示してきました。それに目をそむけて、ここにやって来て、自分たちはやるべきことをやっていると、どうして言えるのでしょうか。必要とされている政治や解決策はどこにも見当たりません。—

---------

このスピーチへの反応の違いは、

『危機意識・当事者意識』

の本気度の違いにあります。それが怒りとなって多くの人々の魂をゆさぶりました。

地球環境の変動(地球温暖化等)で、人類は崖っぷちを歩いていること。
彼女はそれを「私たちは大量絶滅の始まりにいます」と表現しています。

そのリスクを「私たちや私たちの子供の世代に任せっきり」にしていると。
そして、「私たちは、結果とともに生きなければいけないのです」と。

今の大人たちは、大量絶滅から逃げ切れるかもしれないが、彼女たち若者には他人ゴトではありません。

それを本当に自分ゴトにして把えて行動しているのかどうか。
今回のグレタさんの国連スピーチで、SDGs取り組みのギアチェンジのターニングポイントとなることが直観できます。

第253夜に、「SDGs取組みの5ステップ(基本編)」を紹介しました。
改めて記載します。

1.「新しい常識」を深堀する
2.「新しい感動」を想像する
3.「新しい結合」を着想する
4.「新しい舞台」を構築する
5.「新しい価値」を創造する

1.「新しい常識」、2.「新しい感動」の前提条件(土台)は、

・当事者意識/危機意識はありますか?
・本気ですか?
から始まります。

新価値創造研究所は、現状を革新する「価値創造・7つの力」を第60夜にまとめています。
1.自分事力
2.幸せ想像力
3.本質創造力
4.仕組構想力
5.伝える力
6.巻き込む力
7.やり抜く力

その最初は、「1.自分事力(=危機意識・当事者意識・情熱)」です。

「SDGs取り組み」の大元(おおもと)に求められるのは、『自分事力』です。
それがないと、そのあとに続く2~7には届かないことが明らかです。

これまでの日本企業の多くは、「利益起点」でした。
・余裕ができたらやるよ。
・それで利益が出せるの?

「SDGs」も社会的責任(CSR)やコミュニケーションツールの活用という表面的な取り組みが殆どでした。
「SDGs」取り組みに求められるのは、『課題起点』です。

取り組む「課題」を明確にして、それを社会に「発信」「宣言」して果敢に「挑戦」していく。
今回の「気候非常事態宣言」をターニングポイントとして、世界は『アクション(行動)モード』に切り替わりました。
小泉進次郎環境大臣(第257夜)には追い風です。

さて、『アクション(行動)』に切り替わらなくては生き残れない理由を次夜に綴ります。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGsグレタ

橋本元司の「価値創造の知・第258夜」:SDGs(持続可能な開発目標)⑬『3.「新しい結合」を着想する Ⅱ』

2019年9月17日 マザーハウスの山口恵理子社長

前夜(第257夜)を受けて、前々夜(第256夜)の補足として、『3.「新しい結合」を着想する Ⅱ』を綴りたくなってしまいました。

自分が講座や研修で取り上げる先進的でインクトのある幾つかの「事例」をご紹介することで、皆様の理解が進むことが多いので、その一例、特例をご案内します。

それは、(株)マザーハウスの山口恵理子社長です。
最初にお会いしたのは、4年前の文化経済研究会(谷口正和師匠主宰)でした。会社(マザーハウス)としては導入から成長期にしっかり入ったタイミングに思いました。
その後の成長は素晴らしく、現在では途上国5か国に生産拠点、世界に直営店38店舗、13年連続売り上げ増を実現されています。

2015年12月のセミナーのイントロの一部を引用します。
---------

—途上国に生産部門を設け、販売は先進国で行うというビジネスモデルです。24歳のときに起業しました。会社のミッションは「途上国から世界に通用するブランドをつくる」です。当時、アジアの最貧国だったバングラデシュで思ったことがきっかけです。この理念を持つまでは会社を起業することも、バッグを作ることも私の中にはありませんでした。でも10年続け、自分が心から思い、根底に流れていることが自分を救ってくれたなと思います。
その原点としては、小学校のときにいじめられて学校に行けなかったころから、私は学校や教育に興味を持っていました。大学4年生のときにワシントンの国際機関で、少しだけ援助に携わる機会がありました。そのときにお金が実際に現地にどのくらい届いているのか疑問を持ち、実際に行ってみようと思いました。「アジア 最も貧しい国」と検索し、当時「バングラデシュ」と出たので、バングラデシュの大学院に2年間通いました。やはり日本の大学を卒業して、現地の大学院に行くのはとても勇気のいる決断でした。でも私にとっては現場で何が起きているのか、そして何より何のために働くのか、腑に落ちなくて就職活動もできず、ここで何かを見つけて帰ろうと思っていました。しかしテロやデモ、洪水、非常事態宣言の発令など、旅行で行くのとは違う厳しい現実がありました。悪いことばかりではなく、バングラデシュの人々の生きる力に魅力も感じました。政治が不安定な中、ビジネスの世界はどんなかと思い、現地の三井物産でアルバイトさせてもらいました。
たくさんの工場を回り、私の目に飛び込んできたのが、ジュート(黄麻)という麻でした。ジュートだけはインドよりも生産できることを彼らは誇りにしていました。それまでの私は絶望感から「帰りたい。でも何も見つかっていない」と、ずっと悩みを抱えていました。そんなときに誇れるものがあることがとても新鮮で、すぐにジュートの工場に行きました。—

---------

24歳で起業したときから掲げてこられた言葉は、
「「途上国から世界に通用するブランドをつくる」でした。
①「途上国」と「世界」
②「途上国から」と「ブランドをつくる」
上記は、それぞれ相反する、二つのものを組み合わせています。

ここで、今年8月に山口代表が上梓された「サードウェイ」から引用します。

---------

—もともと、対立軸にはさまれているブランドだ。
そのミッションを掲げながらものづくりを必死で続けてきた道のりの中で、「中間地点を探るだけでは不十分だ」と何度も何度も、涙し、苦しんできた。

直面する問題、反発、軋轢、格差、それらを乗り越えて一歩先に進むとき、私にとっての「最適解」は「中間地点」ではなかった。

常にこころがけてきたことは、
「かけ離れたものだからこそ、組み合わせてみよう。離れていた二つが出会ったことをむしろ喜び、形にしてみよう。これまで隔たりがあった溝を埋めて、新しい地をつくろう」
つまり、バランスを取るのではなく、新しい創造をする思考だ。—

---------

いかがでしょうか。
SDGs取り組み事例としては、格別の内容です。
「SDGsの17のゴール」はその多くが相反する組み合わせです。
そこには、「価値創造」のヒントが満載です。その考え方、取り組みを自分の対象事業に置換されてみてください。
是非、「サードウェイ(第3の道のつくり方)」をご覧いただくことをお奨めします。
さて、前夜(第257夜)では、「SDGs取組み」は環境省だけでは無理で経済産業省、復興省、財務省、文部科学省等々の横串の連携がマストということを綴りました。
これらを横串する「プロデューサー及びその機能」が必要なのです。これは「横をまたいだ結合」です。

わかりやすい例を第80夜(世界と世間)から引用します。
---------

—「20年前の通産省の廊下の話(出典:田坂広志「これから市場戦略はどう変わるのか」)」が浮かび上がりました。
通産省の廊下の部屋の前の部局の看板には、「鉄鋼課」「繊維課」「産業機械課」「自動車課」「電子機器課」・・・が並びますが、期待されている産業は何だったのでしょうか?
当時のニーズは、「環境産業」「シニア産業」「教育産業」「Eコマース産業」であり、それぞれ、
・快適な環境に住みたい
・豊かな老後を過ごしたい
・子供に楽しく学ばせたい
・手軽にショッピングがしたい
といった生活者の「ニーズ」を中心として形成される「ニーズ型産業」なのでした。

それは、決して「鉄鋼課」「産業機械課」等の『縦串』では対応できません。世の中の将来を洞察して、『横串』でなければ実現できません。
そんな時代に、「横串でできる事業の型(ビジネスモデル)」を実現したくて、23年前に社長に直訴して創ったのが、「ヒット商品緊急開発プロジェクト(第14夜)」でした。

「縦串」と「横串」の構図は、今でも根強くあって、「ビジネス4.0、ビジネス5.0」というのは、横串でなければ対応できません。そこには、一気通貫で横串する構想力・プロデュース能力が求められます。縦串の中にいては世界と世間が見えないので、外部の力を活用する時代です。
上記の「世界」と「世間」で云えば、「世界」は縦串(1~2割)で、「世間」は横串(2~9割)です。世界と世間の間(ま)となる『継ぎ目』をどう編集するかにかかっています。私たち(新価値創造研究所)はそこを仕事にしています。—

---------

上記の「通産省の廊下」は、いまでも行政や会社のあちらこちらに現存しています。それを「縦串化」「サイロ化」と呼んでいますが、横の連携を阻むのですね。
「SDGs17のゴール」を観てみましょう。それらはすべて「ニーズを中心として形成された『ニーズ型テーマ』」なのです。
『ニーズ型テーマ』であると認識すると、そのニーズに強い情熱があるかが重要になります。従来の縦串とは違うやり方、考え方であり、多くの壁や試練が待ち受けているので、それをやりきる継続的な情熱をもっていなければゴールにたどり着くことができません。

本夜は、「(株)マザーハウス」「通産省の廊下」を取り上げました。
通底するのは、「『新しい結合』を着想する」にあります。あらゆるところで、着想・展開・実現するのには、「新しい結合」が不可欠なのです。
ただ、その奥にはどんな困難にも負けない「情熱」と、幸せになってもらいたい「感動物語」があることを添えておきます。

価値創造から「事業創生・地域創生・人財創生」へ
SDGs⑬