事業内容

3つの価値創造プログラム

 ⇒多様なニーズに、最適・最善なカスタマイズでお応え致します。
A.成長経営プロジェクト(事業創生・地域創生・新商品/サービス・多角化戦略)
B.
セミナー・研修・新価値塾
C.
講演・パネラー

『ご支援内容のご紹介』

A.成長経営プロジェクト(事業創生・地域創生・新商品/サービス・多角化戦略)

⇒万能の方法と心得で、多業種・業態(老舗企業~ベンチャー企業、製造業~サービス業)を良きご縁で経営支援しています。

そこでは、成長・成功のために、『次の一手』『次の柱』を見つけたいという声が多くありました。今までのやり方・考え方の『枠』『壁』を超えて、時代の激変に対応した「理念構想と革新と実践」による成長を水先案内(=成長経営ナビゲーション)する経営顧問です。

◆お客様の悩みゴトは?

   ・ 事業の「次の柱」を創りたい。成長の「将来の数値」を創りたい
   ・ 地域の「次の柱」を創りたい。成長の「将来の数値」を創りたい。
   ・「将来成長の戦略、羅針盤」を創りたい。大局観と次の一手が欲しい。
   ・「事業創生/地域創生」とそれを創れる「人財開発」を同時に達成したい。

上記を実現するための一気通貫のステップを記します。
HPトップページ01pptx
HPトップページ08.jpg

A-
1.経営成長用「経営診断(経営カルテ)」
トップページに記したように、これまでの金融機関の経営診断ツールでは「将来の数値」を創るための重要な経営項目(カテゴリー)が欠落しています。
 そのため、成長に影響を与える「経営の8つのカテゴリー」に各5問を厳選した全40問に下記5段階をセルフチェックしていただきます。

・全く該当しない
・ほとんど該当しない
・だいたい該当する
・該当する
・他社を卓越している

それに合わせて、各カテゴリーで、「優れたやり方や要改善事項」において、「根拠になった事項や気づいた事項」を記入いただきます。
次に経営陣と膝を突き合わせ、「経営の本来と将来」、「真の経営課題」を導き出し、「本当のお困りごと」を拝聴致します。
本質の課題を抽出して、解決するための最適・最善な方法・心得をご提案致します。
HPトップページ05

A-2.価値創造の基礎&応用
ビジネス環境の激変で、いま会社や個人に求められる資質は、「価値(バリュー)がイノベーションとなる」という新時代に適応した発想・構想を生み出せる「3つのイノベーティブ・スキル」です。
そして、事業で最も大切なコトは、そこから生み出される『違いと共感』の両輪です。
(詳細は、価値創造の知 第82~84夜に記載しています)
それを、判りやすい演習と事例(ビデオ含む)を活用して体系的に体得していただきます。
下図は、事業で最も大切な「違い」を生み出す「3本の矢」です。是非、体得して下さい。
「トリニティイノベーション」(新価値創造研究所・商標登録)として命名しました。
HPトップページ02
HPphotos01

A-2-1。深い知(Insight):ミッション
①経営の土台となる存在意義(ミッション、船の⚓錨)を明確にします。
(価値創造の知 第85~86夜に記載しています)
②事業コンセプトの『源泉』であり、マーケティングの「本質」です。
③禅(ZEN)の思考であり、元々日本人が得意とするものです。
④それは、「常識(執着)」を手放すコトであり、経営の再定義につながります。
下図の『在り様』を見つけて、磨き上げます。
引いて引いて見つける秘訣があるのですが、是非体得下さい。

HPトップページ12

A-2-2.高い知(Foresight):ビジョン
①航海に例えれば、「北極星」を見つけることです。
(価値創造の知 第87~88夜に記載しています)
②ビジョンがなければ、漂流してしまいますね。従業員の力が結集できません。
③現在と過去から将来を読み解きます。(「守破離」「弁証法」「温故知新」)
④それは過去を吸い込むコト(温故知新)であり、将来が見えます。
下図は、コーヒーの進化の事例です。
ここが捉えられるとミッションとビジョンが繋がります。
この機軸が先行する価値であり、自信の土台になります。
コーヒー弁証法.jpg

A-2-3.広い知(Gestalt):イノベーション
①イノベーションの本質は、新結合(New Combination)です。
(価値創造の知 第17~18夜、第90~100夜に記載しています)
②上記、「ミッションとビジョン」の基軸から、新しい市場・文化を創ります。
③「iPod・電話・カメラ・ネット」から新結合で、「スマホ」市場が生まれました。
異業種コラボレーションや新商品・新サービスの殆どが新しい組合せです。
④それは、二つの要素を一つの視点で結び付ける日本流「間(ま)」の方法です。
下図は、上記③「iPhone/iPad」と異業種コラボレーションのヒット商品「ピュアモルトスピーカー」の事例です。同じ図式ですが秘訣があります。
アイデア、発想、構想の「原型」です。上記(深い知と高い知)の機軸があると難なく上位の価値が創出できます。
HPトップページ13
ピュアモルトスピーカー抽象化00

3.コンセプト&成長シナリオ(二つの羅針盤)
上記2-1.2-2.2-3が出揃うと、未来を切り拓き、将来の道筋を豊かにするコンセプトと成長シナリオ(①「シナリオマトリクス」&②「成長マトリクス」)が浮かび上がります。
HPトップページ09
二つの成長シナリオのポイントを記します。
①シナリオマトリクス:不確かな時代の複数の可能性とリスクをマップ(羅針盤)にして「見える化」します。2軸に何を選ぶのかが肝要で、そのプロフェッショナルです。
②成長マトリクス:新しい事業の目的を再定義して、『本来→開発→開拓→開際」を磨き上げて、その成長(多角化)の道筋をマップ(羅針盤)にして「魅せる化」します。
「開拓」に向かう時に秘訣があります。ここが、新事業の『肝』になります。そこを通過すると、「開際」は迅速に仕上がります。

この二つの羅針盤を手にすれば、プロジェクトメンバー全員の自信と勇気が湧き出て、迅速で果敢な「ACTION」につながります。つまり、「構想⇒行動⇒更新」の基盤です。
これまでの「人材」が危機意識、当事者意識をもった燃える集団となり、重要な『人財』に変身してゆきます。
HPトップページ06

4.戦略展開と永続経営

4-1.戦略ストーリーの見える化
上記で、自社の成長シナリオ(羅針盤&「魅せる化」)が作成できますが、マトリクスの新しい領域(象限)に踏み出すには、戦略展開の「見える化」が有効になります。
この「一枚見える化」で全体の流れと、どこに重点を置くことが生き筋なのかが全員で共有することができます。(=組織と人財の醸成)

そして、下記4つの視点である
・財務の視点
・顧客の視点
・業務プロセスの視点
・学習と成長の視点

から、戦略の展開と各項目の整合性が確認できます。

HPトップページ07

BSC(バランススコアカード)は、戦略経営のためのマネジメントシステムです。
ビジョンと戦略を明確にすることで、財務数値に表される業績だけではなく、財務以外の経営状況や経営品質から経営を評価し、バランスのとれた業績の評価を行うための手法です。
(引用:「バランススコアnavi」より)

4-2 永続経営
 プロジェクトの区切りにおいて、「1.経営診断(経営ドック)」を再チェックください。
初期の経営品質のレベルアップと、会社の成長、そして、社員の成長(人財開発)が同時に達成されていることが確認できるでしょう。

計画と評価01
HPトップページ05

5.まとめ
 新価値創造研究所は、上記を基盤・ツールとして、個人と企業の成長・成功のために、下記のように、皆さまの成長経営の「価値創造パートナー兼成長経営ナビゲーター」の役割を果たします。

 ◎ 事業創生(新事業開発/新商品開発/新サービス開発)&地域創生
(商品/サービス・ビジョン・多角化戦略)

 ◎ 人財開発、組織開発(継続的イノベーティング環境創造)
 ◎ 経営継続革新(バリューイノベーティング×アセッシング)

水先案内人として①ナビゲート、②ファシリテート、そして③実践パートナーとなります。

また、「多業種・業態」の実績、及び、前職含めた「多様多才な人脈ネットワーク」がありますので、テーマに応じた最適・最善な組合せをご用意致します。

①異業種コラボレーション
②企業間連携
③産官学連携
等を実践でご支援致します。

6.費用概要

「成長経営プロジェクト」の費用は、
・2時間:¥6万円
・3時間:¥8万円
・4時間:¥10万円
・1日・6時間につき:¥14万円
経費(旅費・交通費)は別途実費請求、消費税別
経営顧問契約により、諸々のご相談に応じます。

◆お客様の要望は?

・アイデアの出し方や構想の基本を身につけたい!心のエンジンを起動したい!
・自分/会社、地域を元気にしたい!隆々としたい!
・上記「バリューイノベーションプロジェクト」の事前準備として気軽に試してみたい!
DSC_0003

◆どんな講座内容?

・現状を打破する「リアル価値創造法(OS)」を体系的に習得できます。
・事業開発のための「情報編集3つの視座」を習得できます。
・異業種の方達とのワークショップで「価値創造」の秘訣を習得できます。
・ご要望に応じて、全面的にカスタマイズ対応致します。

◆参考事例:
スルガ銀行d-labo:「仕事と人生に活かす 3つのリアル価値創造法」
編集工学研究所 EditBiz:事業開発のための「情報編集3つの視座」
「harappa日本橋×丸善夜学」開講記念:「創発する3つの力」
日本マーケティング協会:変革期の「新価値づくりの基本」を習得する 
埼玉県経営品質協議会: 「顧客価値経営セミナー」:独自性を発揮する

◆講座形式は?

・講座形式は、シンプルで参加型ワークショップ形式です。
・座学によりリアル価値創造法の基本セオリーを学び、チームでビジネス事例を参考に、
自分で考え、みんなで意見を持ち寄り、当事者意識を持って答えを探します。
・その共同作業の過程で、リアル価値創造方法を実体験していただきます。

費用概要

「セミナー・研修」の費用は、
・2時間:¥10万円
・3時間:¥14万円
・4時間:¥18万円
・1日6時間につき:¥24万円
経費(旅費・交通費)は別途実費請求、消費税別
諸々のご相談に応じます。

◆こんな方達が受講されています。

若手のビジネスパーソンから、ベテランの方、男女の区別なく様々な方が受講されています。
但し共通しているのは、
・自分を成長させたい、
・いろんな人と交流したい、
・会社で役立つ存在に
なりたい
等々、
魅力的な発想、将来構想、実行・更新をしたいと考えている方々が受講されています

10628632_936800819670412_5130664858188428234_o[1].jpg

体験者の声

20代の方のコメント

・外部との交流の意義に対するものが存在します
・普段話さない異業種の方と話し、考えることができるいい機会であった。
・物事の本質を見極める過程を体感できた
・発想の3つの手法について、非常に判りやすい説明と演習でした。実際の業務で活用します。

30代の方のコメント

・人間的成長の観点から捉えた視点が存在します
・物事を考える上での有効な手段を教えていただき、他人の心に響く人間になりたいと強く思いました。
・自分のライフスタイルにどのように生かせるかについて深く考えさせられました。
・理論と具体的事例と両方あり、集中が途切れることがありませんでした。

40代の方のコメント

・理論の理解に対する積極性が認められます
・価値創造のための基本的なレシピを教えていただいた。
・物事の考え方、進め方に役立つ。
・2つの異なるものを掛け合わして物語を紡ぎ出す点。本質をズバリ。
・丁度悩んでいた「価値創造」のテーマで、アプローチの仕方、フレームワークの使い方等、とても参考になった。

50代の方のコメント

・実務転用の思考が見えます
・3本の矢(トリニティ・イノベーション)がシンプルで理解しやすいキーワードでした。
・「大三角形」感動物語の思考方法が大変有意義であった。新たな視点を紹介いただき、実際に活用してみたいと思う。
・実務上必要と感じているところでのセミナーだった

◆「新価値塾」とは?(無料セミナー)

新価値創造研究所の事務所において、一人または、少人数(2人~6人)のユニットで、
新価値創造の心得(本気・本質・本流)と方法(深く・高く・広くの3本の矢、質問革新、伝え方革新等)を体得し、今までにない新しい価値を提供できる未来の人財を輩出することを目的にしています。

logo7

2つのコースをご用意しています。

⇒ 「新価値塾」の無料セミナーを、新価値創造研究所にて随時開催しますので、
お悩み事を元にして、簡易体験いただけます。
お一人様からでもお気軽にお問い合せください。

● 基礎編:
*経営診断のお試し
*発想、構想の基本
*本気・本質・本流の基本
*顧客価値創造とは?
*スマートな常識の超え方(3つの殻を破る=市場創造の源泉を創ります)
*コンセプトの創り方
*成長シナリオの創り方
*創造型人財の開発・育成。創造型組織/プロジェクトの創り方
*社内横断プロジェクトの創り方
*コンサルティングの本質
*質問革新(良い質問が新しい価値を創ります)の方法
*伝え方革新(伝え方によって価値が変わります)の方法
*新価値創造イニシアティブ

● 応用編:
*事業創生・地域創生・人財創生
*異業種コラボレーションの秘訣
*新規事業の創り方
*社内ベンチャーの創り方
*市場創造のための2つの羅針盤づくり
(成長マトリクスとシナリオマトリクス策定のの極意)
*経営品質(アセッシング)と価値創造(プラニング)を融合する
内容や時間は、ご要望に応じてカスタマイズ致します。

・「成長経営(事業創生、地域創生)」
・「次の事業の柱」をつくる
・「プラットフォーム」をつくる
・「企業連携・事業提携」
・「リアル価値創造」
・「バリュープロポジション/コンセプト」の創り方
・「外部人材の活用」
・「発想・構想・情報編集」
・「人財開発・組織開発」
・「成長シナリオの実践」
・「ヒット商品の創り方」
等に関わるテーマについて、ご要望に沿ってカスタマイズ致します。

・過去の講演例

橋本元司HPトップページ11.jpg
 

IMG_3568IMG_0647

1.新たな成長エンジン!社外人材の活用で企業の成長を加速する
2.次の事業の「柱」を見つけ事業成長する秘訣とは? 
3.ビジネスパーソンのための「仕事と人生に活かす3つのリアル価値創造法」
4.事業開発のための「情報編集3つの視座」

HP東洋経済

◎アイデア・構想関係

・アイデアの出し方/構想力の磨き方
・「コンセプト創り」の方法
・「顧客価値創造」の方法
・未来を創る「3本の矢(トリニティ・イノベーションOS)」
・殻を破るリアル価値創造の方法
・ヒット商品プロジェクトの創り方、運営
・日本流価値創造「破離間」(DeRECo)の思想

◎イノベーション・新事業開発関係

・マーケティングの本質/イノベーティングの本質
・マーケティングとイノベーティングをつなぐ価値創造
・新事業開発の課題抽出と解決の秘訣
・新事業創造プロジェクト
・新事業開発と経営品質イノベーションを組合わせる

◎人財開発関係

・「創造型人財づくり」のポイント
・「創造型組織づくり」のポイント
・ファシリテーション&ナビゲーション
・創造的な「人・方法・場」をプロデュース

◎イノベーティブ・コンサルティング

・今、役立つのは『価値のイノベーション』
・「企業の強みと事業機会」統合の極意
・シナリオプランニングに基づく戦略コンサルティング
・将来の羅針盤「戦略シナリオづくり」のポイント~成長マトリクスとシナリオマトリクス~
・経営力を上げる「経営品質コンサルティング」
・「異業種コラボレーション」の成功と失敗
・「イメージメントとマメージメント」を統合する秘訣

◎Others

・「音・音楽」の本来と将来
・アナログ⇒デジタル⇒キュービタル
・「3つのエコロジー」が未来を拓く

費用概要

「講演・パネラー」の費用は、
・¥10万円(2時間)
・¥15万円(3時間)
・¥25万円(1日・6時間につき)
経費(旅費・交通費)は別途実費請求、消費税別
諸々のご相談に応じます。


◎新価値創造研究所の特徴は?

⇒ 「枠」を超える「経営診断、価値創造、戦略策定、経営永続」の一気通貫プログラム
⇒ 「本気・本質・本流」という、どの業種・業態にも対応できる「経営革新」をご支援
⇒ 机上ではない、「現場
実践と理論」を併せ持つ「3つのプロフェッショナル」

「3つのプロフェッショナル」

  1. 経営診断&評価の合体:これまでの枠を超えるための「経営診断(経営ドック)」及び、経営永続「バリューイノベーティング×アセッシング」による好循環経営を実現します。
  2. 価値創造の方法と心得:価値創造を具体化する「3本の矢(トリニティ・イノベーションOS)」で常識の殻を破り、「新しい需要の創造=将来の数値」を創る『顧客価値の錨⚓』を明確にします。
  3. 2つの羅針盤づくり:将来成長の道筋を明確にする「シナリオマトリクス」と「成長マトリクス」を通して経営の革新・成長・永続を確立します。

◎価値創造の方法と心得

1.経営革新の3本の矢(トリニティ・イノベーションOS)で「顧客価値」を創造する

トリニティイマップLAST

 

2.【本気・本質・本流】一気通貫で、新事業・新文化・新スタイルを創造します

⇒ 全関係者が、当事者意識としての「本気の想い(Will)」を持ち、「本質を把える方法(Skill)」を持たなければ、新しい時代の「本流」を掴むことは困難です。
そこには、顧客・会社・地域・社会にむかう笑顔・幸せ(Smile)と新しいライフスタイルと文化(Style)への眼差しと志が必要です。それら全てを水先案内します。

価値創造の心得01


トリニティ・イノベーション